ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

「指揮者の知恵」

2016-10-18 10:48:04 | 合唱

沢山の指揮者に出会い。

沢山の事を学んだ。

今でも、週に2,3回ほど指揮者から指導を受けている。

そんな時、指揮者について、興味がわいてくるし、

指揮について、色々しりたくなる。

 

第1章

指揮者とオーケストラの基礎知識

 

第2章

リハーサルで、指揮者がすべきこと

 

第3章

オーケストラを「一つの生き物」にするために

第4章

指揮者のカリスマ性

 

第5章

コンサートが始まり、指揮者は「瞬間」に生きる

 

 

誇り高き音楽家が、指揮者や他の音楽家の能力に対する葛藤を内に秘め、主張と妥協を繰り返す。

オーケストラを動かすのは、「指揮棒」ではなく「楽曲への想い」

音符の羅列を「音楽」にする演奏家たち

オーケストラが一つの生き物になる

カリスマとは「迷わないこと」

オーケストラを乗りこなし、演奏に命を吹き込む

楽譜からだけでは、読み取れないものもある

「妥協はするな、しかし柔らかくあれ」

心配や罪悪感を捨て、「今、このとき」をコントロールする

演奏も人生もリセットできない

自らの使命を全うすることで、全体に奉仕する

不完全さの中にこそ、「使命」が潜む

 


 

指揮者の知恵

藤野栄介

学研新書

ISBN978-4-05-404701-3

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「命どぅ宝(ぬちどぅ たから」 | トップ | 「ごみ屋敷」丁寧に対応して、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。