ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

「歌」から「言葉」へ

2017-04-21 07:18:53 | 日記

ヒトは生まれると、周りから言葉を習得する。

動物に、育てられたこどもは、言葉を習得できないらしい。

言語の習得には、環境が大きく影響する。

アメリカを母国語とした地域に生まれ育った者は、アメリカ語を習得する。

日本に生まれ育つと、日本語を習得する。

習得に必要な脳の働きがあって、言語を聞いて、話し始めるうちに、理解する範囲が固定されていくそう。

日本人は、元々、沢山の言葉を習得できる脳を持っているが、日本国で育って学んでいくうちに、

一部は捨てられてしまうそう。

日本国内においても、地方によって、言語の取得に違いがあり、大人になるまでに、聞きとる脳と聞き取れない脳という現象になるとか。

言葉ができて、歌が出てきたのではなく、

鳥のさえずり、クジラの歌がある時、「歌」から「言葉」へ大いなる飛躍をとげたそう。

 

脳でことばを聴くしくみ その1

http://masafuminakagawa.hatenablog.com/entry/2014/10/12/062253

 

「聞くこと」と「理解すること」

https://www.starkeyjp.com/blog/2016/2/hearing-vs-understanding

 

折衝力・コミュニケーション力を高めるには?手軽に実践できる「脳」の鍛え方

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150925

 


 

はじめに

言葉の秘密をさぐる遠い旅へ

言葉の起源をもとめて

第一部 言葉はいかにして誕生したのか?

言葉はいつどのようにして生まれたのか

言葉の起源は歌である

言葉と音楽

鳥の世界に現れた天才音楽家

人間は脳を100パーセント使っている

天敵がいないと、強さより美意識を示す

赤ん坊の泣き声が言葉を準備した?

テキストは情動を選びにくい

言葉を持ったがゆえに滅びゆく、その途中で

第二部 言葉はなにを伝えるか?

第三部 心はどのようにうまれるのか?

 

おわりに

人間が死ぬことは不条理だけれど

鳥は自分たちの神を持っているか?

 

言葉の誕生を科学する

小川洋子

岡ノ谷一夫

河出ブックス(ISBN978-4-309-62430-3)

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309624303/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の出来事 | トップ | またも動物虐待 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。