ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

「間違いました」ですむ話じゃない

2017-06-22 13:00:31 | ニュース

2人の検体取り違え、胃潰瘍をがんと診断し切除

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーー

愛知県東海市の公立西知多総合病院は21日、同県内の男性患者2人の検体を取り違え、胃潰瘍だった男性を悪性胃がんと診断、胃の3分の2を取り除く手術を施す医療事故があったと発表した。

 一方、悪性胃がんだった男性は胃潰瘍とされて退院したものの、体調が悪化して再入院するなどしており、病院側は2人に経緯を説明し、謝罪したとしている。

 


「間違いました」で済む問題ではない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国連ウィメン日本協会 多摩チ... | トップ | 電車飛び込み、巻き添え重傷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。