ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

言葉の罠

2017-08-15 09:39:48 | 日記

言葉は、大切だと言われる。

コミュニケーションにも大きく、影響する。

しかしながら、人は、発せられる言葉だけから情報を得るわけではない。

 

言葉も、もちろん、最大の影響を持つが、さらに、話しての感情や意図や、背景などが

大きくかかわってくる。

聞く側にしても、本人の影響の上にさらなる影響が入りこむ。

 

便利だし、有意義なものではあるが、気を付けなければならない時。

気を付けたい時があることもある。

 

自分は、人に、話したり、今のように文章を書くことがある。

 

そうした時に、言葉を選んだり、言葉に意味を持たせたり、様々なアレンジを加えることが

ある。

 

そうした心の動きを、人からの言葉を聞くときにも、分析したり、異論を持ったり、感心したりをする。

 

言葉は便利だけど、怖いものだと、最近、思う。

 

 

言葉の罠

松本幸夫

リュウ・ブックスアステ新書

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハローワークでパワハラ、国... | トップ | 声に出して読めない言葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。