ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

リンゴの下敷き

2017-06-02 07:44:02 | ニュース

青森発の「りんごの下敷き」が、全国の子どもたちに配られるワケ

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーー

「栽培に手間暇をかけていることを伝えたい」

担当者によると、下敷きは1965〜70年頃(昭和40年代前半)から作成されるようになった。

全国各地の幼稚園と保育園、小学校で配布されている。

「りんごの品種や生産過程を掲載して、りんごの知識を深めてもらい、栽培に手間暇をかけていることを伝えたいと考えました」

下敷きの絵柄は「3年ぐらいの周期」で、その時々の主流な品種に変更されるという。

「若い方にりんごを知っていただきたい」と全国各地の幼稚園、保育園などへ出向き、「食育」活動の行事を実施している。園児や小学生にはその際、りんごと下敷き、消しゴム、定規を手渡すようにしている。

 


いいなあーーーー。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハス、復元は不可能 | トップ | 交番で拳銃奪おうとした疑い... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ボッケニャンドリ)
2017-06-04 21:36:47
てっきりりんごの木が倒れてその下敷きに…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。