ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

「命どぅ宝(ぬちどぅ たから」

2016-10-18 10:00:46 | 日記
お題「好きな方言はありますか?」に参加中!

『命どぅ宝』

読み方ぬちどぅたから

何をおいても命こそが大切であるいう意味。沖縄戦の際、難民一人によって叫ばれたとも伝えられる。1950年代伊江島土地闘争スローガンとして用いられ、さらに1980年代反戦平和運動のなかで広く普及した。
 
 
 
 
『なんくるないさー』

やってもやっても結果は出ないこともある、でも精一杯やるだけやったのならいいじゃないか

だから不安でいるよりも、笑顔で「(結果は)なんくるないさー」と笑い飛ばしてやりなさい。

 
 
以前、沖縄のことを、知る機会が何度かあった。
「月桃」の映画
沖縄旅行に行って、戦跡巡りをした。
 
「エイサー」との出会い
沖縄旅行で知った「エイサー」
 
それから、何年かして、知人がエイサーを学んでいる人がおり、エイサーを学び、新宿で4回ほど披露したことがあった。
 
それらの体験から二つの心に沁みる言葉を知った。
 
今でも家にはパーランクとエイサーの衣装がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エリック・サティ」実験音... | トップ | 「指揮者の知恵」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。