ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

言葉の無い会話

2016-10-18 19:51:00 | 日記

近所のスーパーへ行こうと、家を出た。

 

一つ目の路地を曲がると、交通警備員の姿が見えた。

T字路の真ん中でたっていて、右折禁止とも左折禁止ともわからない。

さて、どうする?と思った時、

警備員が両手を左右に広げて指差した。

「左に行く?右に行く?」という合図と見て、右手を高く出して右を差した。

警備員は、コクリと頷いて、右方向に進めるよという具合に合図をしてくれた。

 

ほんのちょっとした手の会話でちょっぴり嬉しくなった。

合図で会話が出来たこと。

合図を送ってくれて、答えられたこと。

そんな他愛もないことがほんわか気分になる。

 

買い物を終えて、戻ってくると、もう交通警備は終わっていて、何の痕跡もない、いつもの道に

なっていた。

 

こんな、単純なことで嬉しくなる。

見知らぬ人とのちょっとしたことで気分が良くなる。

腹の立つことの多い昨今。

 

貴重な体験になった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボブ・ディランがノーベル文学賞 | トップ | 嬉しい話題と思ったのに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。