ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

相次ぐ「線路への逃走」を分析

2017-05-18 22:50:23 | ニュース

相次ぐ「線路への逃走」を分析

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170518/k10010986551000.html?utm_int=news_contents_news-closeup_001

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「逃げるのはだめ」

もし、電話をする余裕もなく駅の事務所などに連れて行かれた場合は、「弁護士が来るまでは何も話さない」と言って不利な状況に陥らないようにする必要があるということです。

いずれにしても最悪の対応は、「線路に降りて逃げる行為」だということです。
櫻井弁護士は、「線路に降りるのが危険なうえに、列車の運行を妨害したとして刑事責任を問われたり、損害賠償を請求されたりする場合もある。
絶対にやめてほしい」と話しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「チョコ若返り効果」  | トップ | 「息子の津軽弁、アクセント... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。