ふせちゃんのブログ

布施隆宏 公式ブログ。 鉄道写真 風景写真 ジオラマ制作など 趣味の世界を紹介します。

アンカプラー 2ヶ所設置

2017-05-14 15:27:00 | フロア レイアウト
 KATOアンカプラーTOMIX の線路に移設します。




 マイクロトレインズ社マグネチックカプラー を開放するための アンカプラー線路 がKATOから販売されています。 そのマグネットを、TOMIXの線路に移植します。
 接着剤で付けられていますが、マイナスドライバーなどでこじってしまうと マグネットが割れてしまいます。 線路の両端を持って 何度かひねっていると、簡単に外れます。




 TOMIXの 140mmワイドPCレール には、自動運転用のセンサーを取り付けるためと思われる 長穴 が準備されています。 フタは簡単に外せます。

 この穴を使えば、蒸気機関区アッシュピット はもう少し簡単に作れたなぁ ・・・ と、後悔してます。




 枕木6個分の開口では足りないので、さらに4個分を広げます。
 裏からプラ板を当てて高さ調整し、マグネットを埋め込みました。




 プラットホームの先端に アンカプラー線路を配置しました。
 こちらのアンカプラーは、長距離列車の機関車交換に使用します。 直流区間から交流区間へ。 又は、電化区間から非電化区間へと、機関車がリレーしていきます。




 マイクロトレインズ社の機関車と貨車で 試運転です。 おおむね良好な結果を得られました。




 そして、もう1ヶ所。 こちらの写真は KATOの アンカプラー線路 ですが、片方のレールに 約1mmの絶縁部を設けました。
 プラットホームの中央に設置し、分割併合運転 の準備としました。

 今月末に発売予定の KATO 115系300番台 湘南色 が待ち遠しいです


 マグネチックカプラーの過去記事を 以下に紹介します。

    ○ マグネ・マティックカプラーの考察 1

    ○ マグネ・マティックカプラーの考察 2

    ○ マグネ・マティックカプラーの考察 3


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FALLER 鉄橋 組立て | トップ | 明延鉱山の一円電車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。