ふせちゃんのブログ

布施隆宏 公式ブログ。 鉄道写真 風景写真 ジオラマ制作など 趣味の世界を紹介します。

レイアウトプランの考察

2017-06-15 17:30:00 | 鉄道模型 制作・改造
 鉄道模型 レイアウトプラン を、あらためて考えてみます。

 実際の鉄道を模型で再現すると ポイント トゥ ポイント になります。 ですが、広いスペースが無いとすぐに行き止まってしまうので、結局は エンドレス ( 環状線 ) を選択する様になります。

 ドッグボーン とは、犬がくわえる骨の事です。 集合レイアウトを持ち寄っての運転会で使えるプランです。 1本の列車しか走れないので、実際には 複々線で組むことになります。




 ポイント トゥ ポイント + エンドレス   始発駅を出てエンドレスを周回し、終点駅に到着するプランです。 エンドレス中に中間駅を設置するのも良いです。

 ドッグボーン変形型   ドッグボーンの両端をひねったものです。 図を見ると、上り列車として駅を出発した列車は、レイアウトを半周して 下り列車として駅に戻ります。 さらに半周して元のホームに戻ります。
 左右にある複線区間は 左側通行になっています。 1列車しか走れないので、4か所ある交差部分は立体にする必要がなく、平面交差でも良いです。 トンネルに隠せば違和感もありません。

 ピットイン型 エンドレス   カーレース場のピットを 駅やヤードに見立て、エンドレスを周回させるものです。

 エンドレス + リバース   駅を出発してエンドレスを周回し、リバース区間を介して 駅に戻ります。
 列車がリバース区間を走行中に エンドレス線路の逆転スイッチを操作するわずらわしさがあり、忘れるとショートします。
 また、駅でもない場所に分岐器を配置する事になるので、その処理が難しいです。




 ドッグボーン変形型 を2つ使って 2列車同時運転にしたプランです。 複線区間は左側通行になっています。




 上記のプランでレイアウトの制作を進めています。 線路が密集している左奥の部分を作業中です。
 KATO製の円柱の橋脚を 40mmかさ上げしました。 点検足場の手すりも 深緑に塗りました。

 KATO のホームページに レイアウトプラン集 が掲載されています。 レイアウト作りの参考になると思います。。。


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転車台の給電塔を作る | トップ | スケール運転を楽しもう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鉄道模型 制作・改造」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。