ふせちゃんのブログ

布施隆宏 公式ブログ。 鉄道写真 風景写真 ジオラマ制作など 趣味の世界を紹介します。

「高知の森林鉄道∞」 開催告知

2016-10-15 09:22:00 | 拡散希望 告知記事
中芸地区森林鉄道遺産保存・活用する会からのお知らせ

 高知県中芸地区 ( 馬路村・安田町・田野町・奈半利町・北川村 ) の中芸地区森林鉄道遺産保存・活用する会よりの告知です。 < 拡散希望記事 >

 高知市の 藁工ミュージアム にて 10月15日から 12月11日まで AからZ ( アートゾーン ) で考える 高知の森林鉄道∞ を開催します。
藁工ミュージアム http://warakoh.com/museum

 中芸地区森林鉄道遺産保存・活用する会のホームページ ( 魚梁瀬森林鉄道WebミユージアムURL : http://rintetu.jp/ ) の新着情報にも、記事を載せるとのことです。
 酒井工作所3.5tガソリン機関車も展示とのこと。


▲ 酒井工作所製造3.5トン森林鉄道用ガソリン機関車 / 画像:中芸地区森林鉄道遺産保存・活用する会


酒井工作所製造 3.5トン森林鉄道用ガソリン機関車 解説文

 この小型内燃機関車は、酒井工作所 ( 現在 : 酒井重工業 ) にて、1959 ( 昭和34 ) 年7月に製造された自重3.5トン、製造番号6299のガソリンエンジンを搭載した機関車です。
 活躍していた場所は、静岡県の東京営林局水窪営林署の水窪森林鉄道で、管理番号1A-50号機として木材の輸送ではなく、一般雑貨運搬の貨車をおもに牽引していました。
 同森林鉄道が1964 ( 昭和39 ) 年に廃止となると 同県天竜市二俣町の天竜林業高校に譲渡され 静態保存されてきましたが、1998 ( 平成10 ) 年には、鉄道保存ボランティア団体の “ けいてつ協会 ( 現在 : NPO法人足尾歴史館トロッコ部 ) ” の仲介によって高知県の馬路村へと寄贈され、復元修理され動態保存機となり現在に至っています。
 この車両、我が国の現存する森林鉄道用機関車として、唯一無二の大変珍しい貴重なものです。


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラレール & トミカ 動画検索 | トップ | 幻の ト20000形 公開告知 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。