ふせちゃんのブログ

布施隆宏 公式ブログ。 鉄道写真 風景写真 ジオラマ制作など 趣味の世界を紹介します。

明延鉱山の一円電車

2017-05-20 00:35:00 | 拡散希望 告知記事
 岡本憲之氏の編さんによる 「 明延鉱山の一円電車 」 が発行されました。

 詳細は下記、岡本憲之氏のブログにて紹介しています。

 せんろ商会なブログ  「 明延鉱山の一円電車 」 発行のお知らせ

 毎日新聞 電子版


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンカプラー 2ヶ所設置

2017-05-14 15:27:00 | フロア レイアウト
 KATOアンカプラーTOMIX の線路に移設します。




 マイクロトレインズ社マグネチックカプラー を開放するための アンカプラー線路 がKATOから販売されています。 そのマグネットを、TOMIXの線路に移植します。
 接着剤で付けられていますが、マイナスドライバーなどでこじってしまうと マグネットが割れてしまいます。 線路の両端を持って 何度かひねっていると、簡単に外れます。




 TOMIXの 140mmワイドPCレール には、自動運転用のセンサーを取り付けるためと思われる 長穴 が準備されています。 フタは簡単に外せます。

 この穴を使えば、蒸気機関区アッシュピット はもう少し簡単に作れたなぁ ・・・ と、後悔してます。




 枕木6個分の開口では足りないので、さらに4個分を広げます。
 裏からプラ板を当てて高さ調整し、マグネットを埋め込みました。




 プラットホームの先端に アンカプラー線路を配置しました。
 こちらのアンカプラーは、長距離列車の機関車交換に使用します。 直流区間から交流区間へ。 又は、電化区間から非電化区間へと、機関車がリレーしていきます。




 マイクロトレインズ社の機関車と貨車で 試運転です。 おおむね良好な結果を得られました。




 そして、もう1ヶ所。 こちらの写真は KATOの アンカプラー線路 ですが、片方のレールに 約1mmの絶縁部を設けました。
 プラットホームの中央に設置し、分割併合運転 の準備としました。

 今月末に発売予定の KATO 115系300番台 湘南色 が待ち遠しいです


 マグネチックカプラーの過去記事を 以下に紹介します。

    ○ マグネ・マティックカプラーの考察 1

    ○ マグネ・マティックカプラーの考察 2

    ○ マグネ・マティックカプラーの考察 3


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FALLER 鉄橋 組立て

2017-05-09 20:28:00 | フロア レイアウト
 ドイツ FALLER ( ファーラー ) の鉄橋を組立てました。 全長 60cm程です。
 日本では見られないタイプの橋です。 と言うか、このデザインは 日本人好みでは無いのだと思います。

 上のプレートが上下にたわんだ写真になっています。 鉄橋の重さでアーチの支持台が広がってしまうためで、ジオラマに設置すれば、水平になります。




 紙箱と中身です。 左右対称の構成なので、写真のパーツがもう一組あります。




 パッケージの裏に印刷された組立図です。 下の、アーチ支持ブロックの内寸法が間違っています。 実際には 40cmくらいでした。

 この組立図、日本のJIS規格の 三角法 で描かれています。 西洋の各国では 一角法 が主流のはずなので、「 ドイツの図面は三角法なのか? 」、疑問です。




 塗装しました。 なに色にしようか、模型店の塗料売り場で しばらく悩みました。 で、選んだのは ガンダムカラーライトブルー です。 プラレールの線路 みたいです。

 複線の鉄橋ですが、単線で使います。 トラス部分を切り詰めるのは困難なので、上のプレートだけ 18mm詰めました。 0.5mmのプラ板を当て板にして接着しました。




 ほんと、プラレールの線路 みたいです。
 海外のプラモデルは寸法が合わないとか、反りが出ているとかありますが、この組立てキットは寸法がピッタリです。 点検通路の突合せをわずかに削っただけです。 三次元の複雑な構造ですが、安心して組めました。

 欧州の鉄道模型メーカーは リーマンショック以降、廃業や吸収合併が相次いでいます。 今は問屋さんが在庫を持っていても、もう手に入らない製品も増えてきます。




 この製品の特長は 点検通路 にあります。 複雑なトラスの中を、知恵の輪のように 点検通路が伸びています。
 それを誇張するため、あえて違う色で塗っています。

 写真の矢印の鉄骨のすき間は、鉄骨の重さでアーチが広がっているだけで、ちゃんと設置すれば きれいに繋がります。




 入り組んだ鉄骨の中を、点検通路が複雑に伸びています。 素敵です

 4か所ある通路の先端は、いずれも地面に近い位置で途切れています。 余剰パーツを使って、地面につなげるのは ユーザーの仕事になります。




 線路の延伸作業はなかなか進みません。 TOMIXワイドレール を多用しています。 程よい幅で使いたいので、ニッパで刻んでいます。




 勾配があったり、橋があったり。 立体交差の処理も面倒です。 何もしたくなくなる時もあります。




 鉄橋の配置は こんな感じで考えています。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妙義山 さくらの里

2017-05-06 07:25:00 | 風景写真 ・ フォトテク
 群馬県 妙義山さくらの里 を訪れました。  < 撮影日 2017,5,5 >

 一本杉駐車場 はこの時期、朝から満杯になります。 野外ステージのある 中央園地駐車場 から歩き始めました。
 写真の中腹にある新緑は ソメイヨシノ です。 そちらの見ごろは 4月20日頃です。




 現在 咲いている桜は、おもに フゲンゾウカンザン です。




 園内には適度な凹凸 ( おうとつ ) があり、眺めの良い尾根路と、幾本もの小路が結んでいます。
 山ツツジはつぼみも多く、まだまだ楽しめそうです。




 日本三大奇勝妙義山 は、体力に応じてさまざまなコースがあります。

  熟達、上級者向け ・・・ 山頂縦走路
  中級者向け ・・・・・・ 中間道
  初心者向け ・・・・・・ 石門めぐり
  ファミリー向け ・・・・ さくらの里





 一本杉 ( 写真中央 ) と 相馬岳 の威容。
 のどかな山里の風景との対比が 異国の様相。




 一本杉駐車場のすぐ下から見上げた 金鶏山 ( きんけいざん ) の 筆頭岩 ( ひっとういわ )。
 金鶏山は崩落の危険があるので 登山禁止になっています。
 中間道鉄階段付近 から見渡す 金鶏山までの荒涼とした景観こそ、妙義山の真骨頂だと思っています。 もちろん、中之岳 から 金洞山 にかけてや、相馬岳 の風景もダイナミックなのです。




 過去記事  妙義山 さくらの里 2014,5,31 に、遊歩道の案内図を掲載しています。。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

NPO法人 足尾歴史館

2017-05-04 08:55:20 | 足尾歴史館 イベント
 栃木県 日光市 足尾町にある NPO法人 足尾歴史館 では、復元された ガソリンカー に乗車することが出来ます。
 今月の運転日は 3日 ( 水 ) ~ 6日 ( 土 ) です。
 入館料 350円で 何度でも乗車できます。

  足尾歴史館 http://ashiorekishikan.com/




 新緑の中、風が心地よいです。




 ガソリンカーの乗降場にて。 レトロな街燈の前で記念撮影できます。




 一周約 270mのコースを 2周します。 3分ほどの乗車です。
 敷地には現在、立山砂防のディーゼル機関車軌道モータカーナベトロ などを見学できます。




 小さいガソリンカー のコースも準備されていました。 こちらは バッテリーカーでは無く、ガソリンエンジンで走ります。 遠心クラッチが付いているので、アクセルレバーだけで運転できます。




 並走シーン




 足尾歴史館は 屋内の展示物こそ充実しています。 ボランティアガイドさんが 足尾銅山や ここで生きた人たち の歴史を丁寧に解説してくれます。 




 2階の売店スペースの一角で、当方の ポストカード写真集 を販売してもらっています。
 国鉄 足尾線 の時代から わたらせ渓谷鉄道 までの鉄道写真です。 今ではもう写せなくなった写真たちです。
< 正直、採算割れです。 歴史館を盛り上げる目的で置いています >




 いつの間にか 複式信号機が建っています。 訪れるたび、何かが増えてます。




 裏から見たところ。 しっかり、転倒防止のワイヤロープも見えます。




 信号機を切り替える装置と小屋まで出来ていました。 壁に塗った防腐剤の匂いが新鮮です。 木枕木を使ったローカル線の匂いです。




 ワイヤを張る滑車もしっかり取り付けてあります。
 ここで活動している人たちは皆、ボランティアです。 手弁当です。 資材も自前です。 ( 私には真似できませんが ・・・ ) お金には代えられないもの。 自分にできること。 それをちゃんと 解っているのだと思います。




 古いアメリカ映画などで見かけることがあるかもです。 ガソリンスタンドです。
 こういうモノが チョコチョコ集まって来ます。 ここには 人とか物とか、惹きつけるものがあるのかも知れません。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅構内の線路敷設工事

2017-04-30 10:31:43 | フロア レイアウト
 Nゲージ鉄道模型 レイアウト制作記事です。 駅構内の線路を敷設しました。

 島式ホームは3本で、線路は引込線を含めて8本です。 駅本屋を地下に設定することで、建築物の制作を省略する策略です。




 前回制作した 機関区セクション に隣接して配置します。 ポイントと直線線路は TOMIX製、曲線区間は KATOの フレキシブルレール を使用します。




 最小曲線を R1000mmにしているので、外の線路は R1300mmほどになります。
 線路の高さを合わせるため、フレキシブルレールの下に 2mm厚のコルク板を敷いています。




 R1000mmのケガキ線を引くのに、最初は糸で臨みました。 が、想像以上に伸縮があり、使えませんでした。 で、定規の組み合わせが有効でした。




 円弧の中心にビスを刺し、定規の穴を引っ掛けて使いました。
 定規の代わりに平板などで代用できます。




 レールの固定には釘を採用しました。 線路の共振対策を考えれば ゴム系接着剤で貼り付けてしまうのが良いのですが、位置を変更する可能性もあるので 悩ましいところです。
 現在 KATOが販売している釘は 長さ13mmですが、ユニレールを開発する以前は 8mmのものが売られていました ( 写真 右 )。

 0.9mmの ピンバイス で軽く穴をあけておくと作業し易いです。




 DIY店で 長さ10mmの釘を購入しました。 それぞれの釘を使い分けています。
 2.5mmの ピンポンチ では使いにくいので、4mmくらいあった方が良いです。




 プラットホーム等の設置は後回しにします。 まずは線路の延伸からです。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足尾駅保存車両の一般公開

2017-04-08 23:13:55 | 拡散希望 告知記事
 NPO法人 足尾歴史館 さまより 拡散希望 の記事が届きましたので、紹介します。

 5月3日 ( 水 )、わたらせ渓谷鐡道 足尾駅 にて、NPO法人足尾歴史館が管理している鉄道車両を一般公開します。

 詳細は NPO法人足尾歴史館 http://ashiorekishikan.com/archives/3269

  なお、今年度の開催は ・・・ 9月30日 ( 土 ) も予定しているとの事です。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植樹作業

2017-03-20 00:00:05 | フロア レイアウト
 フロアレイアウトの機関区セクションは 植樹作業などをして一段落させます。




 模型店をウロついていると、タイムリーに ポポンデッタ花畑 を見つけました。
 5cm × 10cmのシートが 2枚入っていました。 良い出来です。




 以前購入しておいた 光栄堂ランドスポンジ で お花を表現します。




 文字を切り抜いた厚紙を 菜の花に乗せ ・・・




 “ WEST HIGHLAND ” は直訳すると “ 西上州 ”。 軽井沢町と隣接する群馬県西部の落ち着いた風景が好きで、鉄道名を “ WEST HIGHLAND RAILWAY ” としました。
 イギリスの ハイランド地方湖水地方 の風光明媚な風景も イメージに含まれています。




 フィールドグラス で雑草を量産しました。
 一端に接着剤を付け、乾燥後に広げて整形します。




 KATO桜の樹 を数セット用意しました。 一時期 市場から消えていました。 ある時に買っておかないといけない商品です。




 赤レンガに桜の花は相性が良いです。 根本には雑草も。




 津川洋行転てつ器 ( 4個入り ) を購入しました。 こちらも、最近 模型店をウロついていて見つけました。 タイムリー過ぎます。
 製品には着色ムラがありますので、ブルーとオレンジで補修します。




 転てつ器と表示器を TOMIXのポイントに設置しました。 ちょっとオーバースケールですが、自己主張してもらった方が良いアイテムです。




 予定していたストラクチャーをひと通り設置しました。 建物の照明を入れて記念撮影です。




 ポポンデッタホキ車 のホッパー部は黒く汚しました。 そして、KATO Nカプラーを付けています。
 けん引機は ATSFのロードネームを付けた C型タンクです。




 機関区の職員が歩くための踏切板を付けるなどの追加工事は必要ですが、WEST HIGHLAND鉄道 の 機関区セクションはひとまず完成しました。。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おぎのやの釜めし

2017-03-18 22:15:55 | これってグルメ ?
 横川駅名物の 峠の釜めし ( 写真左 ) と 峠のりんご飴 です。

 釜めしは知名度が高いですが、りんご飴は知らない人が多い様です。
 焼き物の容器がとても可愛く、小物入れにも使えて お土産に最適です。 りんごの風味もしっかりしています




 おぎのや http://www.oginoya.co.jp/

 釜めし 1000円 ( 税込み )。  りんご飴 3個 1080円 ( 税込み )。
 私的には、りんご飴の方が 押し だったりします

 群馬県にお越しの折りは お土産にご利用下さいませ。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛乳おしるこ

2017-03-06 00:00:01 | これってグルメ ?
 おしるこ は、少量のお湯と 牛乳 で作ります。 めっちゃ美味しいです。

 あずきと牛乳の相性は完璧です。 あずきのかき氷に コンデンスミルク をかけると 劇的に美味しくなるのと一緒です。

 どんなに有名な甘味処で食べる おしるこよりも 味わい深いです。 って言うか、教えてあげたいです。 この味。 専門店に ・・・。

  まだまだ寒いので、出番は訪れます。。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加