風おばぁの独り言

日常を徒然に…レース編みなど…

老化防止の料理?

2014年12月28日 | 孫飯

今年もあと数日ですね。

忙しい時期と私の歯科通いが重なり超多忙。

そうこうして居る間にM奈&k奈の冬休みになってしまった。

次女も師走で仕事が忙しい!…予定時間には帰れない。

と言うことは私の役目も増える。

12月25日の夕食は次女家族と一緒に…

ママは仕事だから炊事当番は私

の「ローストチキンは要らない!食べたくないの!

冬休み前に風邪をひいてから、食欲不振気味のM奈お姉ちゃん!

「あっさりした惣菜で」と要望だった。

今年は和風ローストビーフを作ってみた。

鈴木登紀子氏の「牛のたたき(和風ローストビーフ)」を参考に…

一応、目安の分量です。

(肉量や本数を増やす時漬け汁の調味料は増減でも日本酒と醤油は同量。)

牛肉300グラム

塩・胡椒(胡椒を多めに、塩は少な目)

漬け汁…

日本酒大匙3杯・醤油も同量

牛肉塊を塩・胡椒ですり込む。

サラダオイルを少々フライパンで中火で焦げ目を付ける。

全体に焦げ目がついたら、火を止め漬け汁を回しかける。

蓋をしてして弱火で約3分程煮る、肉を返して蓋をしてさらに3分程煮たら

肉を取り出して置く。

(深めの鍋等きっちり蓋ができるものがいい。)

漬け汁を少し煮詰め肉に漬け込むだけです。(密閉袋が便利)

ソース…漬け汁をかけて食べます。

試作1号はネェ2宅で味見して頂きました。

薬味は大根おろし・生姜・小ねぎ。

試作の和風ローストビーフ()でました。

次女宅には前の日に焼いて漬け込んで置きました。

薬味は山わさび・小ねぎを使いました。

「美味しい!」…和風ローストビーフも好評でした。

いつものローストビーフも二種類作った。…(家族が集うに多めです。)

どちらも完食です。

昨日はローストチキンの予定だった肉を骨から外し、昆布と生姜少々で茹でた。

山わさびソース…

山わさびの擦りおろし・長葱のみじん切り・生姜汁少々・酢を少々。

 アッサリ味で山わさび味が好評でした。

 

~~~~脳の活性化&(老害防止)~~~

今年も留守番係の惣菜一品は私の老化防止になっていたかもね

次女に感謝?か孫に感謝か?…

 

前日の夕食の鶏胸肉の香草焼きの残りが冷蔵庫にあった。

~~ん?何作る?在庫食材で冷蔵庫の前で頭グルグル

こんな時は脳の血流はいいのだろうね…(そう信じたいね!)

肉を切り分けてポトフを作った…(茹で卵も入れちゃいました。)洋辛子でどうぞ

来年も家族のためと自分の老化防止の惣菜をなきゃね。

この冬休み中にM奈お姉ちゃんにローストビーフの伝授を思案中です。

皆様…「良いお年を!」来年も宜しくです。

 

 

 

コメント (2)

坊ちゃん南瓜。

2014年12月06日 | 惣菜編

坊ちゃん南瓜は食べきりサイズの小さな南瓜で扱いやすいのが好き

大きな南瓜は一度に食べきれない

切ったら保存食作りが待ち構えてる。

さっとレンジをかけて煮付け用やサラダとかポタージュなど料理の

用途に分けて冷凍保存する。

この手間暇がメンドクサイのです。

南瓜を切る時は体力のある日や、男手が必要なの

私の力では無理

大き目の南瓜は身が固く包丁を入れたら、格闘技のごとく

包丁は抜くことも切ることもままならず…苦戦します。

レンジをかけると切りやすい…うん!わかっているのですが…

だが…拘りたい!その拘りに何の意味があるのか?自分でも変だと思う。

南瓜は生のままでパカ~ンと切りたい!のです~ぅ

ただそれだけ…

年齢的に南瓜の切り方に拘る方が、他にも居ると思いますが?さて

 

今日の我が家の昼食はこれ…「手抜き」で~す。

在庫のクリームチーズを混ぜてプロセズチーズを手でちぎって

乗せただけです。

レンジかけて、スプーンで種を取り除き、中身をくり抜いた南瓜に

塩・胡椒とクリームチーズを混ぜて詰めたら、チーズをのせて

オーブントースタで焦げ目をつけるだけ

コメント (2)