goo

唐松岳(2,696m)後立山連峰②

▲ 4:59 唐松岳山頂から望むご来光

翌日は雲一つない快晴。昨日の天候が嘘のようです。

3時間半起床の団体ツアー客に触発され、4時半過ぎにはご来光を見るため

再び唐松岳に登りました。

東の空の一面に雲海が広がり、5時前に雲の中から太陽が姿を現しました。

西に剣岳と立山三山、槍ヶ岳、東は南アルプスと富士山と360°の大パノラマに

山頂の登山者はみんな感動していました。

団体ツアーのガイドさんによると、山頂までツアー客を案内してもこれほどの

条件が揃うことは大変珍しいことだそうです。 

▲ 唐松岳山頂からの剣岳(2,999m)

▲ 5:20 朝食は3グループ交代制

▲ コマクサ(唐松岳頂上山荘付近のコマクサ群生地) 

▲ 6:31 山荘を出発し下山

朝食後ゆっくり身支度を整えて、一時間後に山荘を出発しました。

▲ 五竜岳(2,814m)

▲ 鹿島槍ヶ岳(2,889m)

下山路を時々振り合えると、後立山連峰の五竜岳や鹿島槍ヶ岳が姿を現し

登山客を見送ってくれているようでした。

▲ 8:06 八方池

八方池に到着する頃には下からのガスに包まれましたが、どうにか湖面に映る

白馬三山を写真に収めることができました。

▲ 9:01 八方池山荘

▲ 9:23 黒菱第三リフト(出発点に無事下山)

山荘から駐車地点まで3時間弱で下山。

二日間にわたる唐松岳登山を無事終えることができました。

今回は台風5号による雨を考慮して、目的地を白馬岳から前日に急遽予定を

変更して唐松岳に変更。

残念ながらアイゼンを装着して白馬大雪渓を登ることは、来夏以降にお預けと

なりましたが、その一方で唐松岳から剣岳を正面にした絶景に出会うことが

できて幸運でした。

31年前の夏合宿で後立山連峰を縦走した経験が生かされた今回の夏登山。

当時は台風による雨のため一つ先の五龍山荘での二日間の停滞を余儀なくされ

到着し日は雲で全く展望が効かなかったのを覚えています。

ところが、雨が上がった翌朝は雲海と剣岳の雄姿を見ることができました。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 唐松岳(2,6... 新湊きっとき... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。