goo

綿向山で初アイゼン

▲ 10:27 五合目小屋でアイゼン装着

2017年初登山は水谷氏と共に鈴鹿山脈の滋賀県側にある綿向山です。

冬の樹氷にも人気の高い綿向山の登山口を8:32に出発。

植林の中を順調に登り5合目に到着するとアイスバーンが現れました。

ここで人生初となるアイゼンを装着し、冬の登山道に備えました。

▲ 10:50 7合目からは稜線上の冬道を登る

直登が続く冬道の積雪は5センチ程度あるため、アイゼンの爪を使って

着地しないと登ることはできません。

下山途中に5合目でアイゼンを装着していない老人に出会いましたが

もちろん彼はここまで来ることは不可能です。

雪道を30分程登ると山頂部に到着しました。

▲ 11:18 綿向山(1110m)登頂

 

▲ 山頂でカップヌードルで昼食

13:44に登り口の駐車場に無事到着。綿向山の初登山は約5時間の山行と

なりました。この後、国民宿舎かもしか荘の温泉につかり疲れを癒しました。

入浴料が500円と割安で、正月三が日はお神酒、ぜんざい、甘酒が振舞われています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ひるがの高原 菓心庵 前田屋... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。