goo

きものの再生 帯の丸染め

色鮮やかな朱の夏帯です。

流水に紅葉の柄が織り込まれた絽の名古屋帯で、40年ほど前の品物です。

今と比べてきもの需要が多かったその当時は、若い方用にこのような「かなり

強烈な」色目の帯が製作されていたのです。

今回その派手さゆえに全く出番がなかったこの夏帯を、落ち着いた色に染め変えて

欲しいという依頼をいただきました。

そこで丸染めをご提案したわけです。

帯の丸染めの場合は、いったん帯の仕立てを解いて染料に浸けて焚き染をします。

この場合柄の部分も色が染まりますが、織り柄であるため紅葉の印象は

残るだろうと思われます。

加工先と相談をしながら工程を進めようと思いますが、地色は焦げ茶か鉄色の

ような濃い色を提案してみます。

完成は数カ月先になりますが、その時改めてご紹介いたします。

お客様から頂く加工代金は30,000円程度を考えています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 花緒のすげ替え 夏のきもの ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。