goo

早雲寺文様 名古屋帯

きもの通の女性に支持される織元、織楽浅野の名古屋帯をご紹介します。

シンプルなのに、細部まで個性が光る帯として人気の高い織楽浅野の帯。

色目はよく似ているのに、帯によって少しづつ異なる表情は、でき上がる帯の

質感を、織組織で豊かに表すというこだわりからくるものです。織の組織を

研究し尽くし、微妙な立体感で表現した地に、モダンな図柄が美しく浮かび

上がります。

この帯の柄は早雲寺文様。

名物裂の早雲寺文台裂をモチーフにして、織楽浅野が独自にアレンジを加えた

文様です。

色糸は銀糸と2種類のグレー糸のみ。この3種類の糸を組織を変えながら立体的な

文様を織り出しています。

シンプルであるのに柄に重厚感がある帯です。

茶席での付け下げや色無地にはもちろんのこと、結城紬など織のきものにも

調和する大変守備範囲の広い帯です。

早雲寺文台裂は、箱根の早雲寺にある連歌師宗祇の使用していた文台に

貼られている裂で銀欄である。

各段ごとに様々な草木文様が織り出され、一重蔓が巧みに配されて

モール風の趣を表現しています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 日暈(ひがさ) 高畑山(77... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。