ふるぼう知生(ともお)の活動報告

わたくし、古坊知生(ふるぼうともお)の日々の活動を皆さまへお伝えするコーナーです

確定申告

2014年02月28日 | Weblog
 2月28日、本日は豊島税務署に行って、確定申告をしてきました。

 秘書時代は事務所に、議員時代は役所にお任せでしたので、新鮮な体験でした。パソコンに向かって、指導員の言うとおり、入力をしました。私でさえたいへんなんですから、パソコンを使わない方などはどうするのでしょうかね。

 とにかく、国民としての義務を果たしてほっと一安心という感じでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに西巣鴨駅

2014年02月27日 | Weblog
 2月27日、本日は西巣鴨駅に立ちました。

 本当に久しぶりです。西巣鴨駅は出入り口が何箇所にも分かれていて、少しやりづらいところがありますが、そうも言っていられないので頑張ってみました。

 「大塚ものがたり」を歌っている、「雅&のぞみ」の、のぞみさんが手を振って激励をしてくれました。とても嬉しかったです。そのほかにも何人も声をかけてくれました。こちらでも少しは有名になっているかもしれませんね。

 フェイスブックに投稿したのですが、今度は反対側の入り口でやって欲しいとの連絡が来ました。近いうちに頑張ってみましょう。
 
 途中で、消防車や救急車が近づいてきたので、何事かと思いましたが、少し立ってから、それぞれの車が帰っていきました。大事には至らなかったようです。ほっと安心しました。

 西巣鴨駅は区界なので、北区の方も多いとは思いますが、それでも少しでも豊島区の方がいらっしゃる限りどこへでも行く覚悟です。だんだん温かくなってきました。これからも頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうなるの?TPP

2014年02月26日 | Weblog
2月26日、本日はTPPの記事について考えてみます。

 「シンガポールで開かれていた環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の閣僚会合は25日、「最終的な協定に向け躍進を遂げた」とする共同声明をまとめ閉幕した。参加国は昨年12月の前回会合に続き、知的財産など難航分野で妥協点への方向性を示す「大筋合意」を目指したが、日本と米国が最難関の関税撤廃の協議で折り合えず再び断念した。」

 TPPに暗雲が立ち込めてきました。交渉の決裂です。何とか再び会議は行うことを約束はしたみたいですが、その時期についても明確になっていません。そもそも、二十数個もある問題を12カ国で決めるということ自体に無理があるのです。ここまできたら、国益を守るために日本は絶対安易な妥協をしてはいけません。

 でも、この流れは私の想定外でした。正直、交渉が始まったころは日本はアメリカの腰ぎんちゃくに成り下がり、小国に対して合意せよというプレッシャーを与え、アメリカの子分のように立ち振る舞ってきたのですが、土壇場に来て、アメリカの要望を突っぱねています。それはそれで結構なことです。外交ですからそうあるべきでしょう。しかしこのことが日米の仲を悪くさせていることは絶対的事実でありまして、これで本当に何の合意もなく終わると、日米関係に亀裂を生む要素が更に増えることになります。

 私はこのTPPの問題が生じてきたときに、交渉に望むということは結納を交わすに等しいことだから、そうなってから交渉離脱とか、できないのだよと言ってきました。どうせ日本はアメリカに屈して国益を失うしか選択肢がないのだから、交渉に入ることもだめだと言いました。私の想像以上に安倍内閣もタフに交渉してくれたようです。それは頼もしい限りですが、結果として日米関係を損なうことになりかねない事態になってきました。ここから先に日本が妥協して合意したら、自民党は選挙で負けると思いますから、安易な妥協はしないでしょう。選挙を控えているアメリカも安易な妥協をすることはできず、合意はもう無理だというのが一般的な感覚です。

 展開は予想外でしたが、結局国益を失いかけているの事実であり、やはりこのようなTPPの交渉に本来参加すべきではなかったというのが私の今の率直な思いです。果たしてウルトラCはあるのでしょうか。最終的には中国を利するだけのような気がしますね。というか、アメリカという国の国力というか指導力が本当になくなってきたことを感じるニュースでした。私から言わせれば、アメリカの「世界の警察」的発想は余計なお世話なんですけどね・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陳情の審査の結果

2014年02月24日 | Weblog
 2月24日、先日私が提出した「豊島区内で子宮頸がん(HPV)ワクチンを接種した女性の健康調査を求める陳情」の委員会審査がありましたので、傍聴に行きました。

 いろいろな視点で議論が交わされましたが、結論的に言うと、共産党は採択を主張。自民党と公明党、そして民主党を中心とした自治みらいという会派は不採択を主張し、委員会の結論として不採択となりました。

 今日の議論を聞いていて感じたことは、議員というのは、夫々の立場にたって考えることが必要であるということです。各議員が「厚生労働省ではどう言っているのですか?」という質問や「豊島区はどう考えているのですか?」という質問ばかりしていて、被害者の方々の主張になんら関心を示さなかったことに私は驚きました。これだけ大きな社会問題になっているのに、あまりにも意識が足りないと言わざるを得ません。ある議員などは、2種類のワクチン(サーバリックス、ガーダシル)を作った製薬会社の本社がどこの国なのかという、あまりにも低レベルな質問もしていました。呆れるばかりです。

 今回の結果は、結果として受け止め、しかしあきらめることなく、問題提起にはなったと思いますから、引き続き行動して参ります。

 「豊島区において、このワクチンを接種できる医療機関から、副作用の相談を受けたことはないし、医療機関からもそのような報告はあがっていない」という報告が区からされました。それが事実であればありがたいことではありますが、未だにこのワクチンが原因であるにもかかわらず、被害を受けている方がいる可能性はないとはいえません。それを明らかにするための健康調査なのですが、本当に残念です。しかしこの問題は製薬会社と政財界のズブズブの関係によってもたらされている問題ですから、いずれ悪事が天下に明らかになるときが来ると私は確信しています。

 一刻も早く、子供たちの健康を、安全・安心を守るために、よい結果をもたらしたい!魂からの叫びです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一休会の総会

2014年02月23日 | Weblog
 2月23日、本日は朝からラジオ体操に参加し、午後から2つの会合に参加しました。

 特に夜は私が会員である一休会の総会兼新年会に参加しました。

 ご挨拶の機会があり、3月2日に目白ロードレースに参加することを宣言しました。多くの方が応援に行くよと言ってくれ、とても嬉しかったです。

 逆に、恥ずかしい走りはできないとプレッシャーにもなっているところです。とにかく残された日々をしっかり歩み、頑張りたいと思います。

 とても楽しいひと時でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の第二弾 ~薬物乱用防止セミナー~

2014年02月22日 | Weblog
 夜には、ある方のお勧めでネパールにおける薬物乱用防止活動で目覚しい活躍と実績を持っておられる、バサンタ ラジ クンワールさんの講演を聞きに行きました。

 インドやパキスタン、そしてアフガニスタン等では麻薬が相当はびこっていて、特にネパールでは、王族にまで蔓延し、それが原因で王族のなかで銃撃事件が発生し、国家の体制が滅んだほどだそうです。

 そんな中で、ネパールの警察官が自分の私財を投げ打って、薬物の浄化プログラムを開発し、薬物のリハビリセンターを創ってきたそうです。そして今までに何千人という薬物中毒患者を社会復帰させたのだそうです。
 
 一人の人間の情熱と信念が、社会を変えていくということを改めて知らされ、感銘を受けました。日本国内でも小規模な薬物リハビリセンターはありますが、大規模なものはまだないそうです。いろいろな方々と出会い、私もいろいろなことを教えていただいている以上、しっかりと自分ができることをやりたいと思いました。

 最後に、講師の方と記念写真を撮らせてもらいました。私の体に巻きついているショールは、講師の方が、お釈迦様が誕生されたと言われる場所でお祈りをして日本まで持ってきたものだそうです。「このショールを家に置いておくと、お金がたくさん集まるようになりますよ。」と笑いながら言っていました。

 それはさておき、一人でも多くの方を薬物の被害から救い、一人でも多くの方を薬物に近づけない活動にこれからも従事してまいります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一般社団法人 第一弾 ~清掃活動~

2014年02月22日 | Weblog
 2月22日、本日は午前中に地元の大塚駅の南口と北口の駅前で、清掃活動をしました。一般社団法人として全体でまとまった行動としては初めての活動です。

 最近は駅頭をやる前に必ず掃除をするのですが、一人でたいへんなときもあります。今日は理事の方々や私が勤めている行政書士の事務所の近藤所長、そして豊島元気UPプロジェクトからは貝原代表が手伝ってくれました。

 30分ぐらいの活動でしたが、とても気持ちが良かったです。これからも清掃活動だけでなく、地域の安全・安心のためのパトロールなども頑張りたいと表います。まずは皆さんお疲れ様でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の第二弾 ~朝日信用金庫大塚支店を訪れました~

2014年02月21日 | Weblog
 今日の朝は新大塚駅に立ちました。今日も8時まではスピーカーを使わないというある方との約束をしっかり守り、8時までは地声で、8時からはスピーカーで9時まで訴えました。

 ことしの新年会で、何度もお会いした朝日信用金庫の新支店長さんが、「駅頭が終わったら、遊びに来てください。」とおっしゃっていたので、遠慮なく、そしてアポイントもなく伺ってみたのですが、快くお迎えしてくれました。嬉しかったですね。

 そして日本経済や景気のことで情報交換をさせてもらいました。

 社会福祉協議会の要請を受けて、地域に密着している信用金庫さんも今までもそうだったのでしょうが、一人暮らしのお年寄りの方々の見守り活動にもご協力をしていただけるようになるそうです。地域にとって本当にありがたいことです。

 帰りに、支店長さんに本日の写真を撮影してもらいました。それは、朝日信用金庫さんが地域のために掲示していただいている「南大塚都電沿線協議会」の主催するバラ祭りのときに行われるフォトコンテストの入賞作品です。

 本当に素晴らしい作品の数々です。そして地域のためにそのように掲示していただいている朝日信用金庫さんの地域密着の姿勢に心から感謝しました。皆さんも、一階の機械コーナーの隣にありますので、ぜひご覧になってみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅田真央選手、お疲れ様でした。そしてありがとうございます。

2014年02月21日 | Weblog
 2月21日、本日はなんと言っても、浅田真央選手でしょう。

 奇跡的復活、そして最後の演技で自己新記録の点数。やりましたね。本当に嬉しかったです。

 演技終了後に感極まった姿に涙しました。小さいころから日本女子フィギュアスケートをひっぱて来た浅田選手。相当なプレッシャーの中で、本当に良くやってくれました。

 日本中が父親のような母親のような気持ちになってみていたと思います。ハラハラドキドキでしたが、結果的に浅田真央選手の納得のいく演技ができてよかったです。僕の中では伝説の選手となりました。

 ぜひ胸を張って日本に帰ってきてもらいたいです。浅田真央選手、お疲れ様でした。そして感動をありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

製薬会社と医科大学の不適切な関係

2014年02月20日 | Weblog
 本日の第二弾は新聞記事から抜粋しました。

 「降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)の臨床試験疑惑で、東京地検特捜部は20日、試験を実施した東京慈恵会医大(東京都港区)を薬事法違反(誇大広告)容疑で新たに家宅捜索した。

 慈恵医大の試験は「他の降圧剤と比べて、脳卒中や狭心症のリスクを大幅に減らす」と結論付けていた。大学の調査では、バルサルタンの効果を強調する不正なデータ操作の痕跡が見つかった上、販売元の製薬会社ノバルティスファーマ(港区)の社員(既に退職)に統計解析を任せていたことも判明していた。

 特捜部は19日にノ社の本社のほか、慈恵医大と同様にデータ操作があったとされる京都府立医大(京都市)、両大学の臨床研究で病院からの患者データを集約していた神戸市のデータ管理会社も捜索している。

 刑事告発した厚生労働省によると、ノ社は2011~12年、データ操作された慈恵医大と京都府立医大の臨床試験結果を広告記事などに使い、「バルサルタンは脳卒中の予防効果も高い」などと効果を誇大に広告した疑いがあるとしている」

 という記事ですが、図を入れておきますので、それを見てもらいたいと思います。

 私は、現代の製薬会社と関係者たちのズブズブの関係がよく分かります。おおよそ、どの製薬会社も同じようなことをしていると思われます。自分たちの作った薬が売れればそれでよいと思っているのでしょう。そのために、お金をばら撒いて、ほかの薬よりも効果があるという結果を出させていたということです。それも製薬会社のほうから専門家を派遣して、臨床試験の結果を書き換えるということまでやっています。

 製薬会社から億というお金を献金してもらっていれば、製薬会社の言うとおりの結論を出しますよね。どうして献金を受け取ることができるのか私には理解できません。

 私が反対している子宮頸がんワクチンも、そのワクチンを認可するかどうか審議する委員のなかの過半数の人たちが製薬会社から献金をもらっているという実態を見るにつけ、この人たちの感覚は大丈夫かと心配になります。

 全ての製薬会社が悪いとは言いませんが、競争が過熱するとどのような悲劇が起こるかわからないというのが私の危惧するところです。

 ご参考になればと思って、書きました。長文にて失礼しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加