ふるぼう知生(ともお)の活動報告

わたくし、古坊知生(ふるぼうともお)の日々の活動を皆さまへお伝えするコーナーです

本日の第三弾 ~仲町会BS練習~

2012年04月30日 | Weblog
 中学生の部の練習試合を見学して、地元に戻り今度は幼年の部の練習のお手伝いをしました。

 最高学年で4年生ですから本当に子供たちです。ちょっとすると集中力がなくなりますので、練習では楽しく面白くなるようにコーチや監督さんが気を使っているのがよく分かりました。それと褒める教育ですよね。才能を伸ばすためには本当に大切なことだと思います。

 私はこのゴールデンウィークの期間はできる限りお手伝いをして協力しようと思っています。息子とキャッチボールができて私自身も楽しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の第二弾 ~仲町会BS練習試合~

2012年04月30日 | Weblog
 本日の第二弾は仲町会ブルーストロングス中学生の部の練習試合です。

 江戸川区の野球場で行われるというので、山手線と京成線を使って球場まで行き、応援しました。2試合したのですが、第一試合に息子がピッチャーをしました。今日は守りもよく打線もつながり、結果は9対1で勝利しました。
第一試合が終わったところで地元に戻りました。中学生の野球はスピード感があって面白いです。第二試合は逆転負けだったようですが、良い経験になったことでしょう。荒川区もそうですが、江戸川区にも立派な野球場が整備されていました。豊島区としてはうらやましい限りですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南大塚公園ラジオ体操会

2012年04月30日 | Weblog
 4月30日、本日は早朝からラジオ体操に参加しました。

 ゴールデンウィークなので参加者は普段より少なかったですが、それでも30人近くは参加していました。ラジオ体操が終わると本当に気持ちがよいです。夏休みのラジオ体操会が今年もあると思いますが、一番下の息子を連れて今年もしっかり参加したいと思いました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の第三弾 ~仲町会ブルーストロングス幼年の部、敗戦の中にも希望が~

2012年04月29日 | Weblog
 本日の第三弾は息子の野球観戦です。

 幼年の部で大塚スネークスとの戦いで荒川のグランドまで行きました。例によって先発ピッチャーを息子が務めましたが、コントロールはまあまあだったのですが、打ち込まれたり、エラーもあったりして、4回コールドで8対1で負けてしまいました。でも王者スネークスにそんなに実力の差はないなと感じるくらいの予想以上の好ゲームだったと思います。もう少し練習して、守備を磨き、またバッティングもできるようになれば夏の大会は楽しみです。

 個人的には息子を絶対的なエースに成長させるべく頑張りたいと決意させられました。少年野球は何と言ってもピッチャーの出来次第ですから、速球をコントロール良くビシバシ決めれる本格的なエースに育て上げることが勝利への近道です。そんなふうになれるように今年のゴールデンウィークは私もサポートをしようと思います。5月の3日と4日に行われる合宿が今から楽しみですね。私も2日間お手伝いをする予定です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の第二弾 ~池袋東口商人祭り~

2012年04月29日 | Weblog
 本日の第二弾は商人祭りです。公会堂のすぐそばにある中池袋公園では例によって商人祭りが賑々しく開催され、活気を帯びていました。私もテントを回って結構買い物をさせてもらいました。知っている方がお店をやっておられるとどうしても財布のひもが緩んでしまいます。

 買ったものは家に持って帰って夜の食事のおかずにしてもらいました。夜遅く帰ってから子供たちに聞くと、とても美味しかったみたいです。明日もフラワーフェスティバルと商人祭りは行われるそうです。公会堂前の公園やサンシャイン通り商店会で賑わていると思いますので、お時間ある方は是非お寄りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラワーフェスティバル

2012年04月29日 | Weblog
 4月29日、本日はみどりの日ということもあり、フラワーフェスティバルがありました。

 セレモニーを公会堂で行うということで私も訪れました。高野区長から始まってご来賓の挨拶の多いこと多いこと、主催者側が来賓に対して気を使いすぎだと思います。そんなに挨拶をさせろという人なんかいませんから、セレモニーは短い方が来られたお客さんのためにも良いのではというのが私の持論です。この会に限らずどこでもそうですから、一度みんなで考えたほうがよいのではないかと思っています。これは批判ではなく、もうそういう時代ではないかということです。誰のためにやるかということが基本であり、最優先に考えるべき事柄だと私は思います。自分の主催する行事からそのようにしていきたいと思っています。

 セレモニー直後のかっぽれまでは見させてもらいました。今日一日、春の演舞の集いということで華やかに、そしてにぎやかに踊り等が繰り広げられていました。公会堂の出口でもそうでしたし、近隣のサンシャイン商店会においてもそうでしたが、フラワーフェスティバルということで参加者皆さんにお花が配られていました。私もいただきましたのでもって帰って家内にプレゼントすることができました。暑い中スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク初日

2012年04月28日 | Weblog
 4月28日、本日よりゴールデンウィークが始まりました。我が家においてはそれぞれに予定があり、旅行などはできませんが、一日一日を大切にしていきたいと思います。

 午前中に下の息子とキャッチボールをしました。明日が試合だというのに雨が続いてここ1週間ぐらい全然練習ができていないということで、感覚を取り戻すためです。息子はピッチャーをしているのでなおさらです。

 今日試した感じではコントロールには問題がありませんでした。明日は頑張ってほしいですね。

 午後からはHPの更新のための準備をしております。結構大変です。それから家内に頼まれて色々洗濯物を干したり、掃除の手伝いをしたりしています。家のことをするとなぜか落ち着きますね。久しぶりだからでしょうか。不思議な感じがしております。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の第二弾 ~都民体育大会豊島区代表選手団結団式~

2012年04月27日 | Weblog
 本日の第二弾はタイトルにある通り体育協会関係の会合です。春季大会の結団式ということで、関係者が多数勤労福祉会館に集まりました。我々議員団も紹介を受けました。

 選手の皆さんにはしっかり頑張ってもらいたいと思います。それから私も豊島区ゴルフ協会の理事になりました。理事長のご配慮もあると思いますが、今後ゴルフ協会の発展のために理事長を支えてがんばって参ります。

 結団式を途中で抜けて明治神宮崇敬会豊島支部第12地区の総会に参加しました。6月5日に豊島支部として集いに参加するそうです。1年に一回しか訪れていませんが、少しでも我々若い世代に日本の文化伝統を継承すべく今後も活動をしていきたいと思わずにはいられませんでした。

 こちらの第12地区においても相談役という役職をいただきました。地区の理事として豊島支部の会合にも参加できるようです。そちらにおいても少しでもお役に立てればと思っております。今日の会合で明治神宮から来られた方と懇談する機会を持ちました。憲法の事から始まってTPPの事、果ては安全保障の問題にいたるまで考え方が共通であると認識することができました。この考え方が多くの方々に浸透することができるように頑張っていきたいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昼食勉強会 ~関岡英之講師~

2012年04月27日 | Weblog
 4月27日、本日は小林興起代議士が主催する昼食勉強会に参加しました。講師は関岡英之さんでした。

 郵政選挙の前から、アメリカが日本に提出してきた年次改革要望書について、日本の国益を考えず、なし崩し的にアメリカの国益につながる形で要望書の中身が日本政府の政策となって実現されているという問題点を指摘してきた関岡さんですが、本日もその年次改革要望書の流れから現在のTPPの問題点を詳細に解説してくれました。

 アメリカという国は日本にとって同盟国であり、安全保障上の欠かせないパートナーであることは私も重々承知しております。しかし政策においては、日本にも国益というものがあり、それはアメリカの国益と時にはぶつかることがあるわけですが、国会議員も国家公務員も日本の国益をまず考えなければならないと思うのです。

 しかし、日本においては郵政改革にしても司法改革にしてもアメリカが年次改革要望書で要求した通りに改革がなされており、それは日本の国益ではなくアメリカの国益につながっています。どこの国に自分の国をさておいて、外国の利益を考えてくれる国があるでしょうか。外交とはそんな生ぬるいものではありません。必死になって国益を追求してくるのです。ですからアメリカが日本につきつけた年次改革要望書はアメリカの国益になることは明々白々です。そのことを見抜いた関岡さん、そして小林興起代議士の先見の明は本当に素晴らしいと思います。

 奇しくも、今日参議院で改正郵政民営化法案が可決となりました。あの小泉純一郎元総理が郵政選挙で造反者に刺客を送り、反対する者を政治的に抹殺してまで通した法案が改正されたのです。すなわち民営化してもよくならなかったということです。元総理の息子の進次郎議員や中川元幹事長等が造反をしましたが、他の議員はすんなり賛成に回りました。そして今度の造反議員については口頭での注意のみという対応。本当に呆れるばかりです。当時自民党の中でも自分の頭で考えて国益に反すると言って、信念を貫いて反対をした方々は除名扱いでした。あまりにも対応が違いすぎて唖然とします。政治とはいい加減なものですね。その辺のくだりを関岡講師が語っている時、私は当時のことを思い出して涙目になりました。本当に小林代議士は辛かったと思います。私は当時のことをもう少しマスコミが振り返ってもらいたいと思っています。なぜこのような政治になったのか、小泉純一郎元総理の罪は誠に重いと私は考えています。あの時から自民党が決定的に力を失ってしまったのです。そして日本の政治は混迷を極めているのですから…。
  
 小林政経塾出身の練馬区議高麗君と一緒に記念写真を撮りました。次の衆議院選挙はいつあるかわかりませんが、親分でもあり、また本当に国益を考える議員である小林代議士を、私たち二人は全力で応援することを誓い合いました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の第二弾 ~小沢一郎無罪~

2012年04月26日 | Weblog
 本日の第二弾はやっぱりこれでしょう。そう無罪判決です。小沢一郎民主党元代表の裁判の判決が出されました。やっぱり「無罪」でしたね。もしも有罪であったなら、日本の司法は終わりだなと思っていた私にとっては予想された結果でした。というか私は最初からこの裁判は無罪になると断言していました。

 私は小沢一郎という政治家はあまり好きではありません。自民党を飛び出した後、政治改革と言って結局選挙制度を改革することに置き換え、自分たちが政権をとるようにするために小選挙区制度を導入しました。その後の政治がどのようになってしまったかはこれまで何度も言及してきたとおりです。その諸悪の根源は小沢一郎だと思っていますので私自身はあまり良い印象を持っていないのが本当のところです。

 しかし今回の裁判には最初から無理がありました。一つに検察が小沢一郎を黒にしようと総動員で取り組んだにもかかわらず、当初は不起訴としていた案件です。すなわち検察としても裁判に勝てるだけの証拠がそろっていなかったということです。それを検察審査会という誰がいつどのように選ばれてしかも、検察官が意図的に作った嘘の調書をわずかな証拠として「起訴すべし」の結論を得るという滅茶苦茶なことをやっていたからです。。

 結局新たな証拠が出てこない限り、裁判で勝てるはずもなく、負けるべくして負けたという感じではないでしょうか。問題は今後だと思います。マスコミも民主党以外の政党もこぞって小沢一郎が犯罪人であるかのように報道或いは発言をしていました。その責任は誰がとるのでしょうか。小沢一郎の名誉はどのように挽回されるのでしょうか。特にマスコミのこれまでの報道は大きな問題としてとらえ、徹底的に糾弾すべきです。

 検察審査会の在り方、そして民意を極力取り入れようとした裁判員制度にまで問題があるということになっていくでしょう。私は裁判員制度の大いなる疑問を持っています。民間人に死刑宣告なんかさせてはいけないと思うのです。絶対にトラウマになってしまいます。裁かれるほうも嫌でしょう。しっかり法律を勉強している人に死刑と言われて納得することはできないかもしれませんが、少なくとも法律のことを知らない人たちから死刑と言われるよりはまだ精神的に受け入れることが可能だと思いますよね。

 検察と裁判官の癒着が問題なのですから、そうできないような仕組みを作ればいいだけの話です。民間の感覚を裁判に取り込もうということで始まった裁判員制度ですが、日本をアメリカのような裁判社会にしようとする前不利であり、アメリカの陰謀であり、罠であるということをわからないといけません。その証拠にアメリカはいわゆる年次改革要望書の中で司法改革をずっと主張し続けてきています。

 話がそれましたが、日本の司法は「疑わしきは罰せず」が原則でしたが、小沢裁判から「少しでも疑わしいことがあれば罰する」的な発想になっているのが怖いです。願わくばこの問題をきっかけにして検察やマスコミの暴走に少しでも歯止めがきくようになればいいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加