ふるぼう知生(ともお)の活動報告

わたくし、古坊知生(ふるぼうともお)の日々の活動を皆さまへお伝えするコーナーです

今年の第三回定例会がスタート

2017年09月20日 | Weblog
 9月20日、今日から今年の第3回定例会がスタートしました。会期は10月27日までの長丁場です。
 
 初日の今日は、本会議前の議員協議会において、旧自民党豊島区議団すなわち現自民党豊島区議団及び都民ファーストの会豊島区議団を代表して現自民党豊島区議団の村上宇一幹事長より、昨年末に問題化した印刷費における不正支出問題について、お騒がせしたことの謝罪と政務活動費の自主的返還の申し出がありました。
 
 これまでの間に一部返還がなされていたものの、印刷費に関しては、問題となっている1080万円のうち、990万円程度の政務活動費の取り扱いが宙に浮いた形になっていました。
 
 スタートは市民団体の方々の告発でした。我々一人会派も3人全員が問題意識を共有していましたが、他の交渉会派の方々の追及が生ぬるいと思い、3人を代表して、私も昨年末の議会で追及をさせていただきました。
 
 今年度になり、議長が自民党から公明党に移ったという条件も加わり、より公正な立場でジャッジがされ、昨日は夜9時過ぎまで議論を重ねて、今日の謝罪発言にまでこぎつけることができたようです。
 
 豊島区議会の政務活動費の問題は、とりあえず一旦決着はつきましたが、本当の議論はこれからです。まだまだ抜本的な改革をしなければなりません。豊島区議会政務活動費取扱指針の厳格な運営と政務活動費の制度自体の抜本的な改革を更に主張してまいります。
 
 議員協議会が終了した後には、本会議が開かれ、区長の所信表明があり、議案や陳情が委員会に付託されました。特に今定例会においては、昨年度の決算の認定を審査する特別委員会もあり、私も参加します。本会議終了後は正副委員長を決める選挙も行い、委員長には公明党の西山議員、副委員長には自民党の芳賀議員が選ばれました。
 
 政務活動費の問題についてですが、自分が主張したことが実現されていくことは、議員として何にも代え難い喜びがありますね。小さな勝利を感じた一日でした。
 
 村上幹事長の謝罪発言のあとに、私も意見を述べておきました。「罪を憎んで人を憎まず。今後の豊島区議会における議会改革について」という観点で述べたつもりです。
 
 明日以降も頑張ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の第二弾 ~解散総選挙... | トップ | 豊島区ボーイスカウト連絡協... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事