古川FPのブログ「勝手気ままなFP独り言」

古川FPが島根と松江市を中心にクチコミとITを駆使して企業コンサル・地域観光興し・個人家計見直しを、自由に感じたままに!

来るな北朝鮮ミサイル!鳴るなJアラート!

2017-04-21 21:56:00 | 経済と災害と防災


私が生まれて物心が付いた時から

初めてではないでしょうか?

日本の大きな危機がまじかに迫っている

日本の危機と言うより世界の危機かも知れません

それ程、北朝鮮の脅威が新たな段階に入ったのです

テレビの色々な局のニュースワイドショーでは

ほぼ毎日北朝鮮情勢が流れます

中国では北朝鮮の国境堺に多くの軍隊で監視

ロシアも国境近くに軍を集めました

韓国では毒マスクが毎日飛ぶように売れているのに

日本では○○衆議院のダブル不倫?

世界は大きな流れの中で緊張していますが

全くそんな緊張感が有りません

しかし菅官房長官によれば

日本に武力攻撃が発生した際の避難方法などを知らせる政府ホームページに

アクセスが急増し4月1日から18日までに約260万回のアクセスが

私も先程「内閣府 国民保護ポータルサイト」にアクセス

中々繋がりにくくなっています

そして「Jアラート」を聞きましたが

緊急地震通知より気味の悪い不快な音でした

世界が話し合いの流れで収まり

この不快な「Jアラート」の音を聞かなくて良い状況に

安倍首相は努力すべきです

確かにロシア訪問は4月27日からの予定のようですが

もっと早くロシアのプーチン大統領と対談し協力を仰ぎ

中国とロシアとアメリカで北朝鮮に武力行使の抑制を 

しかし日本も3月に秋田県で

弾道ミサイル落下に備えた住民避難訓練を実施済み

政府も自治体に避難訓練を打診したようですが

不安をあおることに遠慮し

その後の訓練は無の状況が続いています

わが松江は日本で唯一の県庁所在地に原発が有ります

朝鮮半島からも近く

人口は近隣市町村を合わせて60万に前後でしょうか

少ないから反対に狙われるかも?

リスクが1%でも有れば事が事だけですから

避難訓練や自治体からのメッセージが有っても良いのでは?

北朝鮮は決して竹やりなどで木船に乗って攻めてはきません!

核ロケットか?生物化学兵器を搭載したロケットかは分かりませんが

竹やりなどでは有りません

しかしどんなに準備しても

「Jアラート」が鳴ればかなり覚悟しなければいけないのかも知れません

数分から10分程度で発射から着弾する事を考えれば・・・

内閣府の国民保護ポータルサイトに繋がらないことも

これより抜粋します

Q1,北朝鮮の弾道ミサイル発射の現状は?

A1,省略します

Q2,実際、どのように情報伝達が行われるの?

A2、政府からの「Jアラート」により情報伝達。その後市町村の防災行政無線が自動的に起動

   屋外スピーカーから警報、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信

Q3,これまでのJアラートの情報伝達実績は?

A3,北朝鮮が平成28年2月7日と平成24年12月12日には「ミサイル発射情報」「ミサイル通過情報」をJアラートで

ここから重要です!!!

Q4,「ミサイルが発射された」と情報伝達が有った場合は?

A4,情報の後に続報で伝達。落ち着いて続報に備える。

   ミサイルが日本に落下する可能性が判断されれば、改めて屋内避難を呼びかける。

Q5,ミサイル発射から何分ぐらいで日本に来るのか?

A5,発射され着弾するまで、極めて短時間で飛来が予想。

   発射から約1600キロメートル離れた沖縄でも約10分に上空を通過する。

Q6,ミサイルが落下するとアナウンスが有れば、どうすれば良いのか?

A6,屋外にいる場合は、直ちに近くの建物に避難。ラジオやテレビで情報を確認。

Q7,どのような建物等に避難すれば良いのか?

A7、近くに出来る限り丈夫な建物や地下街に避難。

Q8,ミサイルが○○地方に落下した可能性があると情報伝達g有った場合は?

A8,周囲に異常がないか確認してから、行動を。情報についてテレビやラジオを。

   もし、不審な物を発見したら、近寄らず、警察や消防へ連絡。

Q9,ミサイルがこの地方を通過したとの情報伝達があれば?

A9,A8とほぼ同じ対応。

Q10,ミサイルが○○海に落下した場合は、どうするの?

A10,ほぼA8と同じ対応。




以上の対応のようですが、本当にJアラートが鳴れば・・・ジーエンド?

本当に話し合いで平和な方向へ










情報元:日本経済新聞




マネーの達人の新投稿は、皆が気になる医療保険は幾ら入れば安心か?
   

   
FPとしての具体的活動履歴は此方から見られます!(チェック



にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村





   チェック
   ↓ ↓ ↓
マネーの達人マネーコラム新作を投稿しました!



   チェック
   ↓ ↓ ↓
山陰ケーブルテレビの「旬感おもっせワイド」“老後のお金は いくら必要?”に出演しました!


   チェック
   ↓ ↓ ↓
Webコラム「マネーの達人」へ寄稿中!古川修一のコーナー


   チェック
   ↓ ↓ ↓
アメブロ始めました→此方はデジタル・トイカメラの写真とFPのつぶやきを・「気ままFPフォトメモ」で

ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018年問題とは何ぞや? | トップ | 学校外の教育費は年々アップ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。