古川FPのブログ「勝手気ままなFP独り言」

古川FPが島根と松江市を中心にクチコミとITを駆使して企業コンサル・地域観光興し・個人家計見直しを、自由に感じたままに!

2018年問題とは何ぞや?

2017-04-20 18:36:38 | 経済・子供


最近、偶に目にする言葉は

「2018年問題」です

今年が2017年ですから来年のこと?

この問題を知ると

日本の将来に気をもみます

言葉の内容は

18歳の人口が2018年ごろから

再び減少期を迎えるとの予想のことです

日本は人口減少社会に入りましたが

少ない若者が益々将来に向かって増えないことは

どの様な社会を想像すれば良いのでしょうか?

新聞記事によれば

18歳人口は直近の1992年の205万人でピーク

そして減少に転じて

ここ数年は120万人前後と

これから先の未来は様々な見方が有るようで

近い将来には100万人を下回るとの見通しも・・・

この2018年問題は単に人口減少だけでなく

若者の関係する大学などの教育機関の経営にも影響が

問題は特に約600校の私立大学だそうです

現在でも4割が定員割れになっていると

数年前に聞いた

入学してくれたら入学金が戻る私立短大

当然ながら

大学などの教育関係ばかりでなく

学生が卒業すれば大半が就職するわけですが

その若者を採用する企業にも大きな影響が出ます

今でも人出不足の産業界も有りますから

企業の活力や技術力を守るには人材育成です

が、その人たちが減少しているのです

企業や国の成長にも大きく影響します

政界では「子ども保険」などを考えているようですが

子どもが出来る環境へ

若者が不安なく結婚が出来る環境の創造が急務です






情報元:日本経済新聞




マネーの達人の新投稿は、皆が気になる医療保険は幾ら入れば安心か?
   

   
FPとしての具体的活動履歴は此方から見られます!(チェック



にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村





   チェック
   ↓ ↓ ↓
マネーの達人マネーコラム新作を投稿しました!



   チェック
   ↓ ↓ ↓
山陰ケーブルテレビの「旬感おもっせワイド」“老後のお金は いくら必要?”に出演しました!


   チェック
   ↓ ↓ ↓
Webコラム「マネーの達人」へ寄稿中!古川修一のコーナー


   チェック
   ↓ ↓ ↓
アメブロ始めました→此方はデジタル・トイカメラの写真とFPのつぶやきを・「気ままFPフォトメモ」で

『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勤務時間が平均11時間以上... | トップ | 来るな北朝鮮ミサイル!鳴る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。