「捏造」と捏造された不倫事件の真実

2002年、浄土真宗S会内部で起こった「不倫疑惑事件」について、当事者であるM局長、T会長との書簡を公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私→H家(平成20年11月25日)

2008-12-31 12:01:54 | Weblog
前略

私どもに急ぎお伝えしなければならない用向きが発生し、一度そちらにお伺いしたいと考えております。
誠に申し上げにくいことではございますが、6年前HさんとS会会長の長男M局長(ご存知のように私どもが仲人を依頼した人物)の間に不倫事件(正確に言えば不倫疑惑事件)が起こりました。
それがS会内部を揺るがす大きな事件となり、一部の講師は処罰されましたが、T会長が事件は捏造されたものとし、M局長とHさんはお咎め無しであったため、事件後6年が過ぎてもインターネットの世界では以前、強い批判の対象となっています。

私は最近パソコンのインターネット操作を覚え、偶然この事件を知りました。家内には秘しておりましたが、彼女も同時にネットの操作を覚え、二日後には事件のサイトに行き当たり、ほぼ事件の全容を知ってしまいました。

知ってしまった以上、私どもはこの事件に対し、M局長に抗議する決意をしました。(既にアクションを開始しております)

家内がこの件で関東の古参の会員さんに問い合わせたところ、関東では私たち二人を除いて、ほとんどの人が知っていたということで、そのことでも私どもは大変なショックを受けました。

事件についての詳細はお会いした上でご報告したいと考えておりますが、幾つかネット上で公表されているレポートの中から、分かりやすいものを一つ選んでみましたので、ご一読ください。

* もしかして、そちらでも話題となっており、或いはインターネット上で、この事件をお知りになっていたとしたら、お二人のお気持ちを更に揺るがしてしまうことを懸念しますが、いずれにしてもこの事件に対する私たち夫婦の考えだけはご報告しておかなければと考えております。

Hさんには今月の初め、彼女の赴任地、京都に家内と赴き、3日間にわたって話を交わしました。その内容についても、お会いした上でご報告させていただきます。

私事になりますが家内は11月15日付けでS会に対し、退会届を出しました。

お伺いする日、場所についてはHさんのご意向を伺ってきめるべきところではございますが、勝手ながら先に私どもの都合を述べさせていただくことお許し下さい。後から電話にて調整させていただきます。

切符の予約がまだ取れていませんので、現在は確定的ではありませんが、12月初旬、H市のホテルでお会いするのはいかがでしょうか。
私どもは新幹線のぞみ号の予約を考えていますので、M駅は通過してしまいます。大変ご面倒とは思いますが、H駅まで赴いていただければ大変ありがたいのですが・・

以上、取り急ぎの書簡でありますが、わたしどもの意向をご理解いただければと願っております。

平成20年11月25日  R.S
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私→T会長 その2(平成20年... | トップ | 私→M局長 その2(平成20年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事