ふれあいの森特派員

ながら川ふれあいの森で見つけた生き物たちや風景など盛りだくさんの情報をお届けします!ときどきチェックしてね(^_-)~♪

昨年同様遺産の森に居ました

2017-08-10 19:00:21 | 昆虫

                 ウンカ科 ヒメコブウンカ

昨年同様遺産の森のススキの葉裏に付いていました。相変わらずユニークな虫です。イネ科の汁を吸うとのことですがここではススキがそのターゲットです。決して沢山いるわけではありませんが妙に目を引きます。ただしこの虫を知っているからでしょうけれど・・・

ツツハムシ幼虫

エゴヒゲナガゾウムシを観察していたらエゴの実にこの塊が付いていて動きます。「なんだこれは??」と写真に写したのは良いのですが姿が足しか見えない。それでも今はありがたいですね・・・時間をかければ同じような画像を写した人が居てそれが何なのかもちゃんと調べられるのですから。ただ全体が見えないのでツツハムシの幼虫としか分かりませんでした。まだまだ昆虫は未知の世界が沢山あるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさに、夏の風物詩? | トップ | 翅を広げたまんま止まってい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見つかりませんでした、が。 (さんぽ)
2017-08-11 06:52:09
お早うございます。
紹介いただいたススキの葉の観察をしております。
残念ながらヒメコブウンカは見つかりませんでした。
その代わりにエビイロカメムシの幼虫と目が可愛いアカバネナガウンカに出会えました。
一方エゴノキの果実はというと、エゴヒゲナガゾウムシが開けたと思われる穴が見られただけでした。
いつもありがとうございます。
アカバネ (なか)
2017-08-11 09:50:11
さんぽさん、おはようございます。アカバネはそんな感じで見つけるんですね。気を付けて探してみます。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL