コミュニティサロンふれあいらんど

先人樹を植え、後人その下に憩う

共謀罪法案は廃止!

2017-07-11 10:36:44 | 日記
2017.7.11共謀罪法案が施行される。テロ対策は嘘っぱちで、いわゆる「一般市民」を監視するぞ!との脅しで、市民を萎縮させるのが狙いであることは、広く語られている。「特定秘密保護法」から一連の戦争法案の施行のもと、恐怖感を煽り、そして、戦争による破壊でしか、成長経済のお題目が達成できない状況に、我が国「日本」も追い詰められていることの証である。
このことは、国民生活の安全よりも、国家の面子が優先する「棄民」主義となる。狭山差別裁判で、現地調査にも参加した私の経験からですが、犯人を目の前にして、取り逃がした警察の面子から、石川一雄さんの冤罪事件となったのですが、「共謀罪」法案のもとでは、実行犯の取り逃がしの事態どころではない、犯罪が発生したことで、犯罪発生前に、「共謀罪」での検挙できなかったことが、警察の面子にかかわることになり、ますます、冤罪事件が増えることとなるのは、明らかである。
昨日(7/10)の朝日新聞歌壇に―「独裁」と言わず「一強」葉ざくらが膨らみながら昏(くら)みゆくなり―。そう云えば、「朝鮮」のミサイル発射実験を「挑発」と云い、アメリカとのミサイル発射演習は「牽制」という。そして、極め付けが「翼賛」を「忖度」という、今日この頃だが、戦前の「撤退」を「転進」、「全滅」を「玉砕」、「敗戦」を「終戦」のあの頃に。
週刊金曜日6月30日号の「投書」の「たった一人から再出発しょう」に『――竹中労は「人は、無力だから群れるのではない。あべこべに、群れるから無力なのだ」と言った。群れない運動には、左翼右翼を乗りこえた多様性が宿る。権力がもっともおそれるのはそれである。――』と
まずは、本日(7/11)、午後6時から、梅田ナビオ西北側での「市民と野党で共に闘う☆共謀罪を廃止へ!」共同街宣に行きましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017東京都議選とは | トップ | 告知板を更新しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。