コミュニティサロンふれあいらんど

先人樹を植え、後人その下に憩う

大阪市のいわゆる「総合区・特別区(新たな大都市制度)

2016-12-31 21:46:39 | 日記
平成28(2016)年12月17日、大阪市のいわゆる「総合区・特別区(新たな大都市制度)に関する意見募集・説明会」に、地元の旭区での日程が合わず、城東区民センターの午後2時から4時に行ってきました。100名は来ていたのかなとの入りでした。
吉村市長、松井知事も壇上にいました。入り口で配布された「総合区・特別区(新たな大都市制度)に関する意見募集・説明会資料」にはない、吉村市長のパワーポイントによるプレゼンが1時間ほどありました。(帰宅後に大阪市のホームページのpdfで、それは「なぜ、今、大都市制度改革が必要か」であることは確認できました。)
そして、30分ほどの「資料」による、「総合区の概要」「特別区制度」の説明が事務局からありました。
続いて、フロアからの質問と意見が30分ほどありました。「住民投票で決着のついた特別区云々の説明会でなく、来年4月からの介護事業の要支援の大阪市の対応の説明会を持つべき」などの発言がありました。
私の感想ですが、①「二重行政」についても、大阪府のまちづくり施策について大阪市(基礎自治体)は法的にチェックできるが、東京都の「豊洲市場」のように、江東区(特別地方公共団体)にはその権限がなく、チェック機能が働かない。②「副首都」についても、人口減少を言いながら、何故、東京都との山分け発想(東西二極の一極)でなく、全国の基礎自治体との富の共有、政令市への知の連携とならないのか。③「住民自治」についても、地活協・町内会、区政会議など地域資源は豊富にあり、「ガバナンス」の次元より、政局第一の首長でなく、庁内&地域に目を向けた「マネジメント」の問題である。など無駄・無理・無謀の「総合区・特別区」の必要性はないと感じました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 「選挙」か!?「街頭」か!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。