独りな時間

自身の病気(痙攣性発声障害)も含め、趣味のフルート、好きな曲
日常のあれこれ綴ります♪♪
元気だしていこ~~ 

手術へ

2017-06-20 01:52:57 | 痙攣性発声障害






いよいよ私は手術へと
大きな人生の転機を迎えました。


再び紹介状を持って、とある大きな病院へ向かいました。

私がこの運命の病院にたどり着くまで
どれほどの時間を過ごした事でしょう。
この病気を発症して10年は経過しています。
まさか手術を選択するとは
我ながら大きな決断をしたな、って
今でも思います。


機は熟した、
そんな心境だったのかもしれません。


実は私が受けたのは治験手術です。
運よく治験の期間に間に合いその枠に入る事が出来ました。
治験ということで、
守秘義務がありますので
ここでは手術に関しての詳細は詳しく書くことは出来ません。
けれど
ギリギリ書けるとこまでがんばりますね(^^;)


紹介状を持って初めて訪れた運命の病院。


2015年秋。


もう迷いはありません。



病院では
一通りの検査をしました。

現在の声の録音だったり、色々、、、

言語聴覚士さんがとってもオモロイ方だった(笑
手術中も付き添ってくれて
心強かったです。


何回か検査を繰り返し
私はいよいよ手術へ踏み出します。



2016年1月。



お正月気分もそこそこに
手術の準備も整いました。




つづく














『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手術の決断② | トップ | 入院~手術 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL