(仮)impression

試写会、ラブコメ、B級アクション、ゲイムービーが好き。

キング・アーサー

2017-06-28 22:54:53 | movie
【King Arthur: Legend of the Sword 】

【2017年】 アメリカ イギリス オーストラリア

ガイ・リッチー監督が、有名なアーサー王伝説をスタイリッシュな筆致で実写映画化したアドベンチャー・ソードアクション大作『キング・アーサー』です。 





            ≪こんなお話≫




幼いときに両親を殺された少年アーサー。自分が王家の血を受け継ぐ者とも知らず、過酷なスラム街での生活をたくましく生き抜いてきた。優しくタフな男へと成長した彼は、聖剣“エクスカリバー”を引き抜いたことをきっかけに自らの出自を知る。そして亡き父ユーサー王の敵を討ち、王の座を奪還すべく、叔父である暴君ヴォーティガンに立ち向かうことを決意するアーサーだったが…。



ユーサー王(エリック・バナ)
清廉なユーサー王

息子アーサー(チャーリー・ハナム)



役のため、かなりビルドアップしたらしい


父と母がヴォーティガンに殺されたときに危うく生き延び、娼婦に拾われ、売春宿で育ち、ストリートで鍛えられ、
今では彼らのリーダー的存在に成長している。


幼少のアーサー
どこかで観たことある??と思ったら、ダウントンアビーのジョージだった!!カワイイ!!



悪魔に心を売り、妻を犠牲にしたヴォーティガン(ジュード・ロウ)は、より強い魔力を得ようと塔の建設に奴隷をつぎ込んでいた。
 




ある日、池の水が干上がり、底に沈んでいたエクスカリバーが姿を現す。


これを岩から抜くことができるのはユーサー王の息子だけ。
そして彼こそがヴォーティガンの野望を打ち砕くことができるのだ。

ユーサー王の息子と同年代の若者を集め、剣を抜かしているのは
俳優デビューのベッカム隊長


アーサーは剣を抜いてしまい、

捕えられ
死刑
魔術師と
ユーサー王の忠実な家臣たちに助けられる。


グースファット・ビルがエイダン・ギレン
前に観たのは『シング・ストリート』だったけれど、なかなかいい感じになってきた!!

チャーリー・ハナムとはクイア・アズ・フォーク以来みたいね。

後に円卓の騎士になるアーサーの仲間たちのうち、見たことあるのはこのエイダン・ギレンと名前の覚えられないこの人

ジャイモン・フンスー

ぐらいだったけれど、その他の人々がUKの俳優さんっぽくて、とてもよかったです。
違う人もいるみたいだけど……



今回はアーサーの成長のお話
続編予定もあったらしいのですが、どうやらなさそう???

おもしろかったのに

円卓も未完成だったので残念



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おとなの事情 | トップ | 6月到着のDVD »

コメントを投稿

movie」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL