(仮)impression

試写会、ラブコメ、B級アクション、ゲイムービーが好き。

AKRON

2017-05-19 18:27:27 | DVD
【2015年】  アメリカ

『AKRON』です。
アクロンはこの映画の監督のブライアン・オドネルの出身地



       
          ≪こんなお話≫



スーパーの駐車場で、一台の乗用車が急に飛び出してきた男の子を轢いてしまうという事故が起きる。
茫然と立ち尽くす運転していた女性と泣き叫ぶ男の子の母。




大学生のベニーは飛び入り参加したサッカーの試合でクリストファーと知り合った。

クリストファーもこの町アクロンの出身だけれど両親の離婚で母と一緒にフロリダに越していて、大学になり故郷に帰ってきた。


ベニーのMatthew Frias


クリストファーのEdmund Donovan



ふたりは付き合い始め、




ベニーの両親もクリストファーを歓迎


2人の家族は息子がゲイであることを理解して、受け入れている。


けれどその後、二つの家族の関係が明らかになる。



はじめに気づいたのはクリストファー
ベニーの家で、8歳で亡くなったベニーのお兄さんの写真を見て、
あの時の事故の男の子だと気づく。

けれど、ベニーには言い出せなくて、


ふたりでの旅行を計画 する。



立ち寄ったクリストファーのママの家で、ベニーは両家の秘密を知ってしまうのだ。



ベニーはクリストファーに罪はない、と付き合いを続けようと思うが…


ベニーのママがそのことを知ってしまう。

親にとって亡くなった子供はいつまでも存在しているのだけれど、
6才だったベニーにとっての兄の存在は、両親にとってのそれとは異なるということ。



いろいろあって、




ベニーのママはクリストファーをディナーに招待する。



ベニーのママはとても強いと思う。
パパはママに、ベニーの兄ばかりでなく、ベニーまでも失ってしまうよ。と説得するのだ。



もしこれが男女で、孫が生まれるってことがあるなら……と思いました。









ベニーの両親と、左が監督さん。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花咲く恋 | トップ | バッド・バディ!  私とカ... »

コメントを投稿

DVD」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL