(仮)impression

試写会、ラブコメ、B級アクション、ゲイムービーが好き。

リリーのすべて

2016-09-19 22:30:06 | movie
【The Danish Girl】

【2015年】  イギリス


「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、「レ・ミゼラブル」に続いてタッグを組み、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。
第88回アカデミー賞で主演男優賞、助演女優賞など4部門でノミネートを受け、ゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが助演女優賞を受賞した。
おめでとう!!


映画館で観たのにアップしていないのがたまってきていて、ちょっとまずい状況です。
『リリーのすべて』3月に観ました。               




           ≪こんなお話≫




1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。


絵のモデルでドレスを着たアイナ―


子供のころから何かがしっくりこなかったアイナ―は
女装することが多くなり、やがて「女性」になる手術を考えるようになる。



ゲイのヘンリク(ベン・ウィショー)はよい友人


ハンス(マティアス・スナーツル)は初恋の人


一番の理解者は妻のゲルダ









観終わった後で、
実際のリリーが、映画よりもなおさらに、壮絶な手術に挑戦していることを知り、
ドン引きしてしまったため、記事アップが大幅に遅れてしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キング・オブ・エジプト | トップ | マネー・ショート 華麗なる... »

コメントを投稿

movie」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL