(仮)impression

試写会、ラブコメ、B級アクション、ゲイムービーが好き。

太陽が知っている

2017-07-05 01:06:45 | movie
【La Piscine】

【1969年】  フランス  イアリア

bunkamuraル・シネマの『<俳優生活60周年記念特集上映>アラン・ドロンに魅せられて』に行ってきました。
一本目は『太陽が知っている』です。

なんと今日7月4日は満員でした
時間帯もちょうどいい。2回目の回。

2015年にリメイクされた『胸騒ぎのシチリア』はこちら



         ≪こんなお話≫



真夏の日射しが降りそそぐ南仏サン=トロペ。ジャン=ポールとマリアンヌは別荘で優雅にヴァカンスを楽しんでいたが、友人のハリーとその娘ぺネロープが訪ねて来た瞬間から、なにかが変わり始める。というのも、マリアンヌとハリーはかつて関係があり、作家としていまだ鳴かず飛ばずのジャン=ポールは、音楽業界で成功したハリーに対して羨望と敵意が入り交じった複雑な思いを抱いていたのだ。緊張をはらんだ怠惰な夏の時間はゆっくりと過ぎゆき、ある夜、事件は起こった……。



アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、モーリス・ロネ、ジェーン・バーキン共演


ジャン=ポールとマリアンヌのところに




やってきたのはハリーとペネロープ





退屈していたジャン=ピエールはペネロープを誘惑!!

現代版「胸騒ぎのシチリア」では誘惑していたのはペネロープのほうだった。
マティアスのポールはマリアンを裏切ったりしなかった。

こちらの本家はドロンなので?屈折した心の持ち主か??



ハリーにからかわれ、自分の隠しておきたかった気持ちも言い当てられたジャン=ポールは怒りからハリーを殺してしまう。

地元の刑事さんは殺人事件を疑って捜査するが、たぶん未解決事件になるだろう。

ジャン=ピエールとマリアンヌはこれから秘密を抱えて生きていかなければならない……

そういえば「胸騒ぎのシチリア」では刑事さんは押し寄せる難民で忙しく、マリアンのファンでもあったから、捜査はいい加減だったよね。


ロミーとジェーンの衣装がとっても可愛かった
クレージュとのことです。







ドロンと元カノのロミーがとてもキレイ
 









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローガン | トップ | リスボン特急 »

コメントを投稿

movie」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL