MC68000 Maniacs!
OLD GAME(MD,DC,etc)と OLD PC(SE/30,X68K,etc)関連の情報を中心に発信しています。
MC68000 Maniacs! Vintage Computer LLC blogram投票ボタン
 



前回記事に「音質の差はほとんどわからない感じ」と書いた手前,今更,購入したハイレゾ音源に対していろいろ書くのはどうかな??とも思いましたが,せっかくいっぱい買ったので(笑)楽曲毎の感想くらいは書いておこうかなと。使用環境は,iPod touch 6G+ONKYO HF PLAYERと ONKYO DAC-HA200の組み合わせ。ヘッドフォンは,ONKYO ES-HF300を使います。ELECOM EHP-CH2000GDについては,高音域が非常に強く出るチューニングになっていて,例えば「Happy!」などは高音域が強調されすぎて逆に聴きづらくなってしまうため使用しないことにしました。10,000円~20,000円程度の価格帯のヘッドフォンをいくつか試した限りでは,チューニングの違和感を感じるものが多かった気がします。まあ・・・自分は BOSE製品(IE SoundSport)を基準にしているところがあるので違和感があって当然かもしれませんが,それでも ONKYO ES-HF300のように 自分好みの音を出している製品は他にもある訳で。

個人的には,密閉型の方が圧倒的に空間表現が豊かに感じます。
BOSE IE SoundSportと ONKYO ES-HF300で比較すると,明らかに後者の方が反響や余韻が綺麗に聴こえます。

ということで,アイマス音源の感想をいくつか。


○Happy!
音の解像度が上がったためか,コーラスの重なり具合が結構細かく聴き取れます。
ハイレゾはここ!というような聴きどころこそありませんが,全体的な音質がクリアになった印象。
高音質化による「特別」さがあまり感じられなかったのがちょっと残念。

○アマテラス
ボーカルのエッジが凄くはっきりしていて,バッキングで細かく動いているピアノ&ホーンセクションもよく聴こえます。
主張の強い4つ打ちのリズムにのせたシャキッとしたグルーヴ感が凄いです。全体的な音質もクリア。
アイマス云々関係なく,完成度の高い楽曲として一般人にもお薦めしたいです(笑)。

○Never say never
例の「OST」の効果なのか,他の楽曲と比較するとボーカルがちょっと前に押し出されている感じがします。
バッキングは全体的にマイルドな音質になっていて,ボーカルの表情を楽しむようなチューニングになっています。
福原綾香独特のボーカルを堪能したい人には,絶対的にお薦めです。

○素敵なキセキ
これまたボーカルのエッジが凄くはっきりしていて,コーラスとの絡みを楽しめる感じの仕上がり。
ギター&ドラムが奏でるこの曲独特のリズムも明瞭です。決してボーカルの邪魔をしないバランスも素晴らしいと思います。
ボーカルの表情がしっかり聴き取れるので,未来ファンならずともお薦めです。

○Precious Grain
冒頭の田所あずさの歌声がめちゃめちゃ綺麗に聴こえます。ハイトーンの透明感が凄いです。
アマテラス以上に4つ打ちリズムの主張が強いチューニングなので,もうちょっとボーカルを前にだしても良かったと思います。
全体的なグルーヴ感は良い感じ。バランスは好みだと思いますが,個人的にはバッキングが少々邪魔をしているかと。


一応,5曲分書いてみました。(`・ω・´)

あくまでも自分が ONKYO ES-HF300で聴いた際の感想なので,参考までにどうぞ。
ヘッドフォン次第で印象はだいぶ変わると思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月3日よりアイマス関連楽曲のハイレゾ配信開始がアナウンスされました。

このサイトでもネタにしていたとおり,以前から「初恋組曲」についてはハイレゾ配信されていましたが,アイドルたちの歌声が入ったものは初めてです。配信対象は「アイドルマスター」および「アイドルマスターシンデレラガールズ」,「アイドルマスターミリオンライブ」で,e-onkyo music などの音楽配信サイトにて,1曲あたり540円で配信されます。自分はすでに e-onkyo music にユーザー登録済みなので,早速いくつか購入してしまいました。配信楽曲は隔週で追加予定とのことで,ファイル形式は flacおよび wavの 96kHz/24bitが基本です。現時点では,ミリオンライブの一部楽曲に wavの 96kHz/32bitで収録されたものがありますが,使用しているDACが96kHz/32bitの再生が可能かどうか事前に確かめたうえで購入するよう注意が必要です。

ハイレゾ音源購入にあたり,今回は「Hi-Res Prepaid Card」を使ってみました。「Hi-Res Prepaid Card」は,e-onkyo music向けのプリペイドカードで,大手家電量販店のオーディオ機器コーナー等で購入可能です。使用するためには e-onkyo musicにて「ユーザー登録」を行う必要があります。ユーザー登録後,登録したメールアドレスとパスワードで「ログイン」し,ページ左側にある「ウォレット」の項目を選択すると,「e-onkyo musicカードでチャージ」という項目が表示されるので,ここにカードに記載されているPIN番号を入力して「登録」すれば,カードの額面分がウォレットにチャージされます。あとは,購入したい楽曲をカートに放り込んで決済の際に「ウォレット使用を指定」すれば,チャージされた残高から決済が行われます。決済後,ファイルをダウンロードする流れになります。

ちなみに・・・「ORT」の表示については,
48kHz/24bitのマスター音源を 96kHz/24bitでマスタリングする日本コロンビアの「ORT Mastering」技術を
適用している表示とのこと。かなり評価の高い技術のようです。

プロデューサーたるもの,すでにCDを持っていてもハイレゾ音源は買わねばなりません(笑)。とりあえずプラチナスターズ関係から「Happy!」と「アマテラス」,シンデレラガールズ関係から「Never say never」,ミリオンライブ関係から「素敵なキセキ」と「Precious Grain」を購入してみました。ただ・・・ちゃんとDAC経由で再生して聴いても,音質の差はほとんどわからない感じでした。自分は,CDからiTunesに取り込む際,Appleロスレスエンコーダーを使っているので,普段聴いている音源がそれなりに高音質だから尚更なんだと思います。

まあ・・・気分って大事ですよね。とりあえず全曲買いますよ。(`・ω・´)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月10日~12日に日本武道館で開催された「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!」にライブビューイングにて参加してきました。年度末に何回も仕事を休めない事情があり,個人的には,2月開催の「THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS FUN TO THE NEW VISION!!」にターゲットを絞っていたため,ミリオン4thの方は現地およびライブビューイングどちらも応募しておらず,本来は参加予定がありませんでした。しかしながら・・・MOVIX仙台の空席情報を確認してみると,3月11日は中央付近,3月12日は前2列くらいに空席がある様子。3月10日こそ仕事が忙しすぎて「初日」であることをすっかり忘れていましたが,土日に空席があるのなら参加しない手はありません。ということで,3月11日~12日の2日間に当日券での飛び込み参加であります(笑)。正直なところ,千秋楽公演は是が非でも観たいと思っていたので,空席があってラッキーでした。

初日に動けなかった関係で,パンフレットは売り切れで買えずじまい。(´・ω・`)
現地じゃないからグッズも限定CDも買えないのが残念です。

絶対長くなるので(笑)今回はざっくり書きます。
セットリストも他のプロデューサーがアップしてるものを参照してください。

まずは2日目。

非常にスタンダードなライブ構成で,あまり派手な「動き」は感じられなかったステージだった印象。悪い意味ではなく「トラブルも大きなサプライズも無かった」という意味です。パフォーマンスの方は「BlueMoon Theater」と題するに相応しい,歌唱力に満ちたパワフルなステージだったと思います。いつものメンバーが3日間に散らばっているので,ちょっとパワー不足な感じではありましたが,田所さんの「Precious Grain」,藤井さんの「フローズン・ワード」,愛美さんの「流星群」が聴けて個人的には満足。サプライズメンバーが加わっての「赤い世界が消える頃」と「Flooding」も聴きどころでしたね。前者は,木戸さん,大関さんが加わって「魅裏怨」メンバーが勢ぞろい。後者は,コミックス4巻の特典CDに収録された新曲で,雨宮さん,小笠原さん,麻倉さんを加えたオリジナルメンバーでの歌唱となりました。個人的にはやはり「Flooding」。コミックス推しの自分にとってかなりテンションが上がりました。

続いて3日目。

3日目は千秋楽公演らしく,サプライズラッシュでこれぞアイマス!なステージでした。まさに「ガミPのソロステージ」状態。これほど期待満ちた歓声があがったのは本当に久々だったと思います。発表されたのは,ミリオンの新たなアプリ「シアターデイズ」のリリースと,4周年記念のPV。前者は,シンデレラの「スターライトステージ」に少々置いていかれた感があったミリオン勢にとっては待望の発表だったと思います。同じような音ゲーでのリリースは考えづらいところですが,このあたりはナムコの本職なので,ユーザーがしっかり楽しめる形にまとめてきてくれるはずです。4周年記念PVの方は10分にも及ぶ凄まじいボリュームで,もはやショートアニメと言っても良いくらいのクオリティを持った作品でした。PV内で描かれている「SUPER LIVE」は「シアターデイズ」での目標となるライブっぽいですが,気になるのは最後の最後に登場した「765プロ」の面々。劇場版以降久々の「動く春香」だったのでかなりテンションが上がりました。今後ミリオンがアニメ化された時はこのプロットをベースに描かれることが予想できますし,何よりも,近い将来,現実でも「SUPER LIVE」が実現されそうに思えることが本当に嬉しいところです。

ライブの方ももちろん非常にテンションが上がる展開。まずは序盤の「リフレインキス」。スコーピオの雨宮さん,上田さん,村川さんによるパフォーマンスでした。サビ前の「ねぇ…しちゃう?」は,某原由実の「どこにキスしてほしい?」並みの破壊力。BD発売が待ち遠しくなるシーンでした。山崎さんの「素敵なキセキ」も凄かった。曲の方はもう何度も聴いていますが,とにかくパフォーマンスに磨きがかかった感じ。プロデューサーに歌唱を促しながらステージを走り回り,間奏に「ウェーブ」をぶっ込んでくる力技を披露。これに応えた現地のプロデューサーたちにも賛辞を送りたいパフォーマンスだったと思います。

千秋楽公演の本領発揮となったのは,ライブ後半の3曲。サプライズで藤井さんを加えた「ジレるハートに火をつけて」もめちゃめちゃ熱かったのですが・・・その直後,スポットをあびる山崎さんが名前を呼んで登場したのは,田所さんと Machicoさんの2人。ここから「君との明日を願うから」に突入しテンション最高潮。3rd 幕張 Day1の「アイル」に匹敵する素晴らしい演出だったかと。さらに。続けて披露されたのはなんと新曲の「Brand New Theater!」。さすが夢の武道館公演だけあって,最後は裏切りの一切ない熱い展開。これぞアイマスですよ。

・・・結局いっぱい書いちゃいました(笑)。
とりあえずこのへんで。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月のSSRアイドル獲得履歴であります。

1月がかなり凄かったので,さすがに2月は影響あるだろうな・・・と思っていたら,案の定,だいぶあたりが鈍くなった感じです。年末年始にぶっ込んだ分は1月中に全部SSRになって帰ってきちゃったので,課金の溜め込み分(自分が勝手にそういうのがあると思い込んでいるだけです)はすっかりなくなっているはず・・・。無理に狙っても簡単にSSRが出る状況じゃなさそうですし,とりあえず 2月の1週目(4日)と2週目(11日)に 5,000円づつ課金し,それぞれ2回づつ10連を回しました。そうしたら・・・2月13日に回した分でSSRがヒット。さらに2月18日の60ガチャでSSRがヒット。まだ確変モード状態なのかしら??と思いましたが,そこから月末まであたりが完全に止まりました。昨年1月以降は,最低でも月にSSRが2枚は出ていたので,結果だけ見れば「通常通り」ということでしょうか。

ということで結果は以下のとおり。

・2月13日 「Ring Ring フィーリン」椎名法子
・2月18日 「ハイテンションスマッシュ」喜多見柚

前述のとおり,後者の喜多見柚は60ガチャの産物。
恒常SSRなのにコンボボーナスを持っていて,さらにライフ回復スキルを重複で持っている特殊なSSRです。
使ってみたいと思っていたところだったのでゲットできて非常にラッキー。

椎名法子の方は狙ってはいませんでしたが,五十嵐響子とのコンビが絵的に抜群。
うちの事務所はキュートが戦力過多ぎみですが,またまたレギュラー候補が登場した感じですね。



課金ペースをピーク時よりだいぶ落としたので,3月はどうなることやら。
せめてSSRを1枚は確保したいところです。(`・ω・´)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




異質なゲームボーイソフトの代名詞と言えるのが「X(エックス)」です。

1992年に任天堂より発売された3Dシューティングゲームで,プレイヤーは多目的戦車「VIXIV(ヴィクシヴ)」を操り,司令官より送られる10のミッションをこなしていきます。初期のゲームボーイ作品としては驚異的と言える「ワイアーフレーム描画を駆使したリアルタイム3Dシューティング」に仕上がっています。3D演算用のカスタムチップ等は特に搭載しておらず,3D演算はすべてゲームボーイ本体で行っているとのこと。92年頃は・・・自分はX68000&メガドライブユーザーでしたが,3Dゲームに関しては非常に粗いポリゴンゲームが関の山だった時代です。モノクロ低解像度(160×144ドット)とはいえハードがゲームボーイですからね・・・。これは驚異的と言って良いのではないでしょうか。ちなみに,3D技術はイギリスのアルゴノートソフトウェアが開発したもので,後の「スターフォックス」開発時に3D技術提供をしたのも同社なのだとか。

説明書なしの裸ソフト状態で購入したので,プレイ方法が全然解りませんでした。トレーニングモードをプレイすれば自機「VIXIV」の最低限の操作方法が解るようなので,これをすっ飛ばしたのが原因かと(笑)。ゲーム画面は「VIXIV」のコクピット視点で固定です。ゲーム画面中央下に表示される「レーダースクリーン」と,その上あたりに表示される「コンパス」を頼りにマップ上を移動し,目的の施設を探したり,敵機を撃破したりしながらミッションをクリアしていきます。「VIXIV」の操作は,方向ボタンの上で「加速」下で「減速」左右で「旋回」です。注意点は加減速の仕様。加速時は,上を押す度に「停止→低速→中速→高速」とシフトアップする感じになっています。減速時は,逆に下を押す度に「高速→中速→低速→停止」とシフトダウンする感じ。上を押しっぱなしにすると一気に最高速になって,さらに「TURBO」がかかった状態になります。これは燃料を消費するので乱用注意。停止時に下を押しっぱなしにすると「バック」できます。攻撃は「Aボタン」。レーダー基地等で入手できるオプション兵器は「Bボタン」で使います。

ゲーム自体は良くも悪くも当時の3Dゲーム。ゲームボーイでやってるのが凄いだけって感じも・・・正直ありますね。ちなみに「VIXIV」はマップ上にあるジャンプ台(?)を使うことで「飛行」することも可能で,飛んでいるときは結構気持ちいいです。飛行している間のスピード調整は不可能で燃料は減り放題。着陸は最高速から直接地面にタッチすることになりますが,爆発したりはせず地面でバウンドします(笑)。もっとスマートなやり方はなかったのかしら。

このゲームを快適に楽しむためには実機だと少々厳しいです。(´・ω・`)
レトロフリークを使用する等,テレビに映せる方法を使ってプレイするのが良いと思います。
「スターラスター」等が得意じゃないとちょっと楽しめないかも・・・。

最近は結構高めの値段がついたりしているので,少々手に入りづらい感じですね。
安いジャンク品を見つけたら,即買いしておくのが吉かと。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ