MC68000 Maniacs!
OLD GAME(MD,DC,etc)と OLD PC(SE/30,X68K,etc)関連の情報を中心に発信しています。
MC68000 Maniacs! Vintage Computer LLC blogram投票ボタン
 



ひととおり「ONKYO DP-S1」の初期設定が完了したので,手持ちのハイレゾ音源ファイルを放り込んで試聴してみました。設定は基本的にデフォルト。アップサンプリングや Hi-Bit32の設定は「OFF」にしています。イコライザーも当然OFF。まずは加工していない「DP-S1」の音で聴いてみます。ヘッドフォンもいままでと変更なく ONKYO ES-HF300を使用。バランス接続対応のヘッドフォンはそのうちゲットして試したいと思っています。比較対象が iPod touch+ONKYO DAC-HA200という特殊な環境とはいえ,同じハイレゾ音源ファイルをちゃんとDACを通して再生し同じヘッドフォンで聴くのだから,それほど差がでないだろうと思っていましたが,予想以上に差が大きかったのでちょっと驚きました。冷静に考えれば,DP-S1の方がだいぶ新しい製品であることと,同一メーカー製品とはいえ DACごとにチューニングの差があるだろうことが,差を生んでいるのかもしれませんね。

(以下,例として「e-onkyo」にて提供されている,アイマス関連のハイレゾ音源を使用します。)

差が大きいといっても,人の声が違って聴こえる・・・ような巨大な差ではありません(笑)。音の粒子が細かくなって,DAC-HA200よりもより「音の輪郭がはっきり解る」ようになった・・・といった感じでしょうか。例えば「初恋組曲」の場合,もとの音源が高音質なので DAC-HA200でもかなり衝撃を受けたのですが,DP-S1で聴いた場合,弦の「ノイズ」の部分と「音」の部分が分離して,別々に反響しているように聴き取れました。反響して消えていく音が長く空間に残っている感じもあり,空間表現がより豊かになっているように思えました。もっと解像度の高いヘッドフォンで聴いたら,また全然違う印象なんでしょうね。

個人的に一番驚いたのは「Never say never」ですね。バッキングと音声が綺麗に分離していて,福原綾香さんの「生声」感がもの凄い。ブレないまっすぐな歌声がめちゃめちゃ映えてます。このあたりは,ハイレゾ音源を仕上げる際のミックスの違いが出ているんだと思いますが,DAC-HA200で聴いた時とは全然印象が違いました。同じような印象を受けたのが「素敵なキセキ」。バッキングが若干強めなので「Never say never」ほど「生声」感はありませんが,音の輪郭ははっきりと出ていて,山崎はるかさんのボーカルがしっかりと前面に出ています。ハイレゾはソロ曲に強い感じがしますね。

もうちょっと聴き込めばまた違った感想もでてくると思いますが,
とりあえず,DP-S1の所感第一報ということで。

ヘッドフォン探さなくちゃね。(`・ω・´)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




iPod touch+ONKYO DAC-HA200の組み合わせでハイレゾ環境を組んでいましたが,ハイレゾ音源を聴くためには,いちいちポタアンを引っ張り出してケーブル接続をしなくてはいけないため非常に面倒です。最初はそれほど本気ではなかったので,iPod touchからハイレゾ再生可能な環境を求めて中古の「DAC-HA200」を選択しましたが,アイマス関連の楽曲を中心にハイレゾ音源がだいぶ増えてきたのもあり,そろそろ気軽にハイレゾ音源を聴ける環境が欲しくなってきました。以前,ONKYO DP-X1Aのアイマスモデルが受注販売されていたとき,一瞬買っちゃおうかと思ったものの,さすがに 89,800円を投入することはできず(笑)以降,しばらく凍結状態になっていました。で,つい先日,地元の某中古屋さんで ONKYO製の小型DAP「DP-S1」を発見。前述の DP-X1Aほどリッチではありませんが,ハイレゾをポータブルに聴くだけなら十分なモデルです。価格も 2万円後半だったので購入してきました。

「ONKYO DP-S1」本体は,94mm(W)×63mm(H)×15mm(D)と小さく重さも130gと軽量なので,可搬性に優れています。バッテリーの方も FLAC 96kHz/24bit再生時で約15時間と十分な持続時間があります。ハイレゾ音源への対応は,DSD 5.6MHzまでのネイティブ再生と,最大192kHz/32bitのFLAC/WAVファイルの再生が可能。対応ファイル形式は,DSD系がDSFとDSDIFF。PCM系がWAV,AIFF,FLAC,ALAC,AAC,MP3に対応しています。デフォルト状態で気になるのは,内蔵ストレージ容量が16GBと少ないこと。この点については,本体に microSDカードスロットが2基装備されていて,最大416GBまで拡張可能との事。後でサイズが大きめの microSDカードを買ってこないといけませんね。

ハイレゾ音源ファイルの転送方法については,本体をPCにUSB接続すると外部ストレージ扱いとなるので,そこにハイレゾ音源ファイルを放り込んでやるだけでOK。あとはタッチパネルで再生したい楽曲を選択すれば聴くことができます。Wi-Fi接続にも対応していて,本体アップデート等を行うことができますが,e-onkyoからの楽曲購入には対応していません。Bluetooth接続に関しては,iOS/Android向けに専用コントロールアプリ「Onkyo DapController」が提供されており,スマートフォンから再生,停止,音量調整などの操作を行うことができます。その他,目玉機能として「バランス駆動方式」への対応があり,専用の2.5mm4極コネクタの接続ポートが装備されています。もちろん標準のヘッドフォンも使用可能ですが・・・ちょっと試してみたいですよね。

詳しい所感はまた後日。(`・ω・´)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




愛用していた「LinkStation LS-WSXL/R1WHJ」が突然アクセス不能になりレッドランプ点灯状態に陥りました。LinkStation本体を起動後,約5分程度は普通にデータアクセスが可能なので保存したデータは失われていないようですが,5分経過後に通信が切れてしまい勝手に再起動しちゃうようになっちゃいました。バックアップに使用していたUSBハードディスクが数週間前に壊れてしまい,代替のUSBハードディスクに LinkStationからデータを移そうと思っていた矢先のトラブルだったので,正直全データロストを覚悟しましたが,大量にある画像ファイルや音楽ファイルなどは,iPad,iPod touchに最新データが生きていたため難を逃れました。普段使わないけど保存だけしていた古いデータ群の一部は,バックアップのDVD-Rから復元することができたので,実際 LinkStationだけに保存されていてバックアップが全く無いデータは全体の3割くらいかなと。

まあ・・・7割は救えたってことですが,3割消えちゃうのはちょっと嫌なので悪あがき中。

とりあえず,震災前に「torne」の外付HDDとして使っていた「BUFFALO HD-CL1.5TU2」が倉庫内に眠っていたので,引っ張り出してきて作業用HDDとして使用することにしました。(「nasne」導入後に退役させていました。)まずは「HD-CL1.5TU2」にデータを集めて LinkStationの「中身」をできるだけ復元し,代替の LinkStationが準備できたらまとめてデータ転送して復活させるプランです。バックアップがないデータについては・・・もう半分以上諦めモードなんですが,壊れた LinkStationは,前述のとおり「起動後約5分間だけアクセス可能」なので,5分間で頑張ってデータを引っ張り出して,再起動がかかったら仕方がないので起動するまで待って・・・というのを延々と繰り返して,本当にぶっ壊れたら諦めることにしようかと思います(笑)。

前回破損時は,約6年(2009年1月~2015年1月)使い続けてからのトラブルだったので仕方がないかなと思うのですが,今回は,約2年半しか持ちませんでした。「LinkStation LS-WSXL/R1WHJ」が小型のファンレスモデルだったのが良くなかったのかもしれませんね。でも個人的にはすごく気に入っていたモデルだったので同じものが手に入らないか現在捜索中。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「DEVIL'S CRASH(デビルクラッシュ)」は,1990年7月にナグザットより発売された PCエンジン用のピンボールゲーム。それをもとにテクノソフトがメガドライブ向けに移植した作品が「デビルクラッシュMD」になります。もともとは,同じくナグザットによりPCエンジン向けに開発された「エイリアンクラッシュ」がベースとなっており,より完成度を高めた「続編」という位置づけとなっています。その後「デビルクラッシュMD」の続編(海外版のみ)としてテンゲンから発売されたのが前回記事に書いた「ドラゴンズリベンジ」ということになります。ナグザット(PCEオリジナル開発)→テクノソフト(MD移植版開発)→テンゲン(海外版(Dragon's Fury)販売)という流れは非常に特殊ケースだと思いますが,そこからテンゲンが単独で続編開発をしたこともかなり特殊かなと。

当時,PCエンジンでは何度かプレイしましたが,メガドライブ版をプレイするのは実は初めて。テクノソフトが開発を担当しているだけあって,ボールやフリッパーの動きやメインボードのスクロールもスムースで非常に遊びやすく仕上がっている印象です。メインボード中央に「謎の女性」の顔が埋め込まれていて,特定ターゲットを狙い続けると女性の顔が徐々にドラゴンへと変貌していくギミックがなかなか気持ち悪いですが個人的には「○」ですね(笑)。シリーズの売りであるボーナスステージは全部で6ステージ隠されています。ただし,エンディングを見るためにはボーナスステージを全て制覇しただけではダメで,ボーナスステージ制覇に加え,スコアカンストで出現するファイナルステージをクリアしないといけません。パスワードを使用してゲームを中断するとボーナスステージのクリア実績は全てリセットされるとのことで,実質ノーセーブでのプレイが必要・・・という縛り付き。

普通の人間にできるわけねえだろうが。(`・ω・´)

本作の魅力はゲーム本体だけではなく,BGMの出来の良さも特筆できるポイント。タイトル画面でAボタンを押しながらSTARTボタンを押して「OPTION」画面を呼び出し,表示された項目のうち「MUSIC TEST」の項目を使えば BGMを全曲聴くことが可能です。また,パスワード入力画面にて「OMAKEBGMxx」と入力することで,メインBGMをテクノソフト由来のBGMに差し換えてのゲームプレイが可能です。こういうオマケは移植版ならでは。

収録楽曲は以下のとおり。
(上記パスワードのxx部分に,以下の一覧より当該曲の「No.」を入れて下さい。)

01. サンダーフォースⅡMD/1面
02. ヘルツォーク・ツヴァイ/STRAND面
03. サンダーフォースⅢ/2面
04. エレメンタルマスター/4面
05. 新九玉伝


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「DRAGON'S REVENGE(ドラゴンズリベンジ)」は,1993年12月にテンゲンから発売されたピンボールゲーム。海外では,同じくテンゲンから発売れた「Dragon's Fury(ドラゴンズフューリー)」の続編として位置づけられています。ただし日本では続編ではなく単独の作品として販売されたようです。ファンタジーRPGのような世界をモチーフとしていて,物語は人里離れたケアゲドールの山奥にあるカルフィンという村から始まります。~毎年,ケアゲドール山に棲むドラゴンに生贄を捧げていたが,ある年,DARZEL(ダーゼル)という娘が自ら生贄に志願。村人は志願どおりに娘を生贄にしたが,彼女は不思議な力でドラゴンと同化し恐ろしい魔女に変貌してしまった。たまたま村を訪れた 3人の勇者,魔法使いのRINA(リナ),戦士KRAGOR(クレイガー),女剣士FLAEVA(フレーバ)が,魔女ダーゼルに挑むも逆にクリスタルに封じ込められてしまった。プレイヤーは,銀のボールを操って3人の勇者を救い出し,魔女ダーゼルを倒さねばならない。~といった感じ。・・・これをなぜピンボールで作ろうと思ったのか(笑)。関係ないですが,前作「Dragon's Fury)」は,日本ではテクノソフトから「デビルクラッシュMD」として発売されています。

「ドラゴンズリベンジ」は,縦3層(上段エリア,中段エリア,下段エリア)に分割されたメインボードが特徴となっています。ゲームスタート時は,基本的にボールは中段エリアに打ち込まれるので,上段エリアに行きたい場合や,下段エリアに落ちてしまった場合は,フリッパーを駆使して自力で上の段にボールを戻さねばなりません。また,メインボードの右側(画面外)には「右エリア」という「ボールが転がった分だけ得点が入る」ボーナスエリアが隠されています。メインボードには様々なギミックが仕込んでありますが,中でも注目なのが「ボーナスステージ」の存在。それぞれのエリアに1箇所づつ入口があり,そこにボールを打ち込むことでボーナスステージをプレイ可能です。前述のストーリーにてクリスタルに封印された勇者たちは,特定のボーナスステージをクリアすることで救い出すことができます。ステージ1~8まであり,全てクリアすると「何かが起こる」らしいですが,自分はまだ2~3ステージしか攻略できていません。

ボールの動きはちょっと粗めですが,全体的にはかなり軽快にプレイできる良作です。
この手のゲームにしてはボーナスステージ突入が非常に狙いやすく調整されているように思います。
台揺らしのテクニック次第で結構長く遊べますよ。(≧∇≦)

何か裏技がないか探してみたのですが,コマンドの類は見つけられませんでした。ただし「クリア直前」のパスワードというのがネット上に公開されていたので,試してみたら・・・スコアが35,000,000点から始まり,ボーナスステージに入ってみたらまだ見たことのないステージが出てきました。別の方のネタですし検索すればすぐみつかるので,ここには載せないでおきます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ