婚活ブログ・結婚なんて簡単じゃない?

1人で悩まず結婚対策を一緒に考えましょう!結婚相談所の婚活支援カウンセラー佐藤がお届けする最強の婚活ブログです。

お見合い現場から

2017-04-25 | 出来事

土日のお見合いが終わると会員さんから
いろんなリポートが入ってくるんですが、
昨日はこんなメールが

とにかく、昨日の感想は、『疲れた…』のひと言です…。
過酷なお見合いでした…。修行みたいでした…。
そして、極めつけは、
お相手の方がまとめてお会計をしてくださった後、
ラウンジを出た所で、「おいくらでしたか?」とお聞きしたら、
「〇〇円です。」と、金額を教えてくださり、
細かいのが無かったので、多めにお渡ししたら、
「お釣りがない。」と言われ、もう面倒くさかったので、
結局、私が多く支払った形になりました。
(何十円単位の話なんですけどね…。)
(私が男だったら、この行動、絶対しない‼️と、
ビックリしてしまい、帰って来て『お見合いのルール&マナー』
をもう一度熟読してしまいました。)
別れ際に、「楽しかったです」と、仰っていましたが、
私は『マジですか?私は疲れましたけど…』と、
心の中でツッコミながら、笑顔で「ありがとうございました」
とお礼を言って帰って来ました。
以上、現場よりお伝えしました。

まぁ文章がお上手

そのままいただきます

実は、この文面の前にもいろ~んなことがあった
ようですが、それを全部載せてしまうと、

「ゲゲ、俺のことやんけ、アイタタタ」
と身に覚えがある方が4,5人出てきそうなんで
今日はこのくらいにしておきます。 

次回へ続く~

入会したばかりの女性会員さんですが、
だいたい何人かお見合いをしていくと、
こういう愉快な方に必ずブチ当たります

今までも同じようなケースはいくつかありました。

お見合いのお茶代ワリカンでなぜか女性が
多めに払ってしまう問題と名付けています。

今回は、「おいくらでしたか?」と聞いたのが
運のつきでしたね。

こう切り出されたら、奢るつもりでいても
つい「100万円なり~」と言ってしまうのが
女性馴れしていない男の性なんです。 

お見合いのお茶代は男性持ちという
敢えて男性を引き立たせるルールにしてい
るわけですから、「ごちそさまでした」
でよかったんです。

ただ、通常は女性にいくらか尋ねられても、
財布をチラ見させられても、男のメンツに
かけてお金はびた一文受けとらないと思う。

その点は、アンラッキーだったかもね~

そして、もちろん事務的に扱われた女性が
その男性にナビクこともありません

「今日は楽しかったです。またぜひ!」
の決めゼリフが虚しく響くこととなります。

現場の現場からでした。

ではでは

ウチはこんな結婚相談所です

今日も最後にクリックお願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ

いつも応援ありがとうございます。

『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大切なのは自分が自分を信じ... | トップ | 好きなものハッキリ言っても... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ルール (Unknown)
2017-04-26 18:44:21
お見合いのルールでお会計は男性持ちなのに、なぜその女性は「おいくらですか?」と聞いてしまったのでしょうか?「ごちそうさまでした。今日は有り難うございました」ではダメだったのでしょうか?私が男性なら払いたくて仕方ない女性かな?と思ってしまいます。男性もボランティアでお見合いしているわけではないので、割り勘申し出る女性は女神様なんですよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。