サクセス ミニバスケットボールクラブ <男子>

埼玉県川越市のミニバス男子チームを紹介します。練習日・場所等については管理人あてにメールでお問合せください。ヨロシク!

ワールドカップ

2017-07-11 00:20:33 | つぶやき

7月9日にエジプトのカイロで行われたFIBA U19バスケットボールワールドカップ2017の9位決定戦で、男子U19日本代表チームがプエルトリコ代表に67-68で敗れた。
 3本の3ポイントシュートで9得点を挙げたキャプテンの三上侑希(中央大学2年)は試合後、「みんなが難しいシュートを決めて、日本らしい速い展開になっていました」と評価しながらも、「ここ2試合は接戦が続いていました。勝てる試合を落としたのは悔しいです」と心情を明かした。
 また、自身の出来については「3ポイントをもう少し決められました」と話し、悔しさをにじませた。「もっとドライブができたと思います。自分がドライブをして、パスミスからターンオーバーにつながったプレーがありましたが、積極的に2ポイントを狙うべきでした。3ポイントだけではなく、2ポイントのシュート精度を上げないといけないですし、ハンドリングやパスの視野も課題です」
 それでも、過去最高の世界10位で大会を終えたU19日本代表。チームを引っ張った三上は「それぞれいい個性があって、本当にいいチームでした」と振り返り、「家族のように一緒にやってきたので、離れるのが寂しいくらいです」とコメント。また、明成高校時代にともにプレーし、5月から代表活動へ参加した八村塁(ゴンザガ大学1年)について、「みんな、すぐに仲良くなっていました。塁が来てくれたのはプラス面ばかりでした」と述べた。
 優勝したカナダを筆頭に、スペインやイタリアといった強豪との対戦を経て、三上は「スピード、身体能力、シュート力、バスケを作るうまさ、ピック&ロールの後のさばきなど、すべてがアジアよりも上でした」と言及。また、9日間で計7試合をこなすハードスケジュールとなった今大会は、「体的にも精神的にもきつかったです」と明かしながらも、「『日本代表なんだからがんばらなければいけない』ということは、高校生の時から思っていたことです」と、日の丸を背負う責任と誇りを口にした。
.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラッシャーズ&ギャングス | トップ | 熱き »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。