ふなやすさんの数字と戦う生活

転職と同時にブログタイトルも少々変更ですよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

選挙・ヤッパリ自民圧勝

2005年09月12日 23時08分53秒 | 時事
結局大差で自民圧勝、かつかな、と思っていたけどここまで勝つと怖いぐらい
民主王国といわれた愛知ですら民主の候補がボテボテ落選、今までは民主に何にも考えずに入れていたうちの親、どうも勝つやつに入れたいらしい、というかいつも入れてる人には誰が勝つかわかってるからおのずと勝つやつはかつ、そんな感じだったのが今回はいつも入れない人も一杯入れた。
うちの選挙区の民主の候補もいつも大差で勝っているのに今回はかなり自民の候補に追い詰められた。いつも入れなくて誰が勝つか知らない人の票が大量に自民に流れ、いつも民主に入れてる人が自民に、これで民主は総崩れかなあと、庶民視点から考察してみる。
ちなみにうちの選挙区(愛知二区)は前回選挙で六万票差をつけた古川氏と岡田氏だったが今回は三万票、
とりあえず最近の弱腰とネット上での不評が相当ものをいったと思ってみたい。
国民新党は壊滅、まあ作った動機が不純すぎるのでヤッパリダメ、しらべてませんがおそらく無所属で出た候補の方が当選率高かったんじゃないかと・・・
社民・共産は存在感なし、これだけ投票率が高いと存在感がほとんどないなあ
67%だったとか、60%は確実に超えるとは思っていましたが、こんなたかくなるとは・・
とりあえず郵政問題だけを取り上げてわかりやすくして投票率を上げた・・ということですが、何も郵政じゃなくてももっと大切なことがあるじゃないかと思うんですが・・・外交とか外交とか中国とか・・・デリケートな問題だからあえてはずしたか、それともすべての国民の支持を得る自信がないだけか?
ここまで大差で勝ってしまうと後で何か嫌なことが起こりそうで帰って怖い、まあ実績があるから大丈夫だと思うが過去の政治家には何かを栄に急に善政→悪政に走った人は多くいる、歴史的勝利、という甘い甘い言葉に狂ってしまう政治家が出ないことをとりあえず祈りたい。
まあ、なんか今回の注目が集まる元は小泉のアレコレ、それがあったから刺客も当選、フツーにやったらこんな人通らないだろって人も当選、なんかすべては小泉の手中で起こってるような・・・・

各地注目の候補がいましたが予想通りホリエモン落選、これで当選したらどうしようと思っていたのですが、まあでも、選挙率を上げるということでこれほど大きい役割を果たした候補はいなかったでしょう、
この人に限り「出ることに意義がある」だったんじゃないでしょうか
ムネオ当選、まあ千春センセが一押しということですが・・・まあ辻本よりはましですか、
化石だのいろいろいわれた海部元首相は当選、愛知県が生んだ唯二人の首相経験者、晩節は汚してほしくないのですが・・・もう穢れまくってますね、小泉に真正面から文句が言える御老体ということでリーサルウェポンとして死なない程度がんばってほしいものです。

民主は・・・まあ腐らず存在してください、小泉亡き後変なのが首相になったらがんばってください、当分出番はなさそうですが・・・・


忌事
犯罪者社民辻本復活当選
大阪府民はなにやっとんじゃー
これだから関西人は信用できません。
田中真紀子・小渕優子も当選、まあ小渕娘は田中娘よりは人畜無害だから言いとしますが・・・・
さらに古賀誠・河野洋平こいつらもなんでとおるかね・・・

※昨日の選挙番組評 高 ← SABCDE → 低
朝日 E うんこ、古舘は只のハリボテ、主役は田原でした。でてくんのな貧相!
ニッテレ(中京) B キー局しかみてません、さゆりんさゆりん(;´д`) バンキシャは記憶なし
フジ B 桜井先生桜井先生、だったのですがほとんど柔道、桜井先生のお話を聞くつもりが変な肉の塊の連続で萎えました。→中京で目の保養
桜井先生は流石に上品にすばらしいお話でしたけどね。
TBS A 実はあんまり見てない、まあ変な二人をチャント封じてくれた功はみとめます。久米ばっかりで都築があんまり話してない気がするが・・・・
テレ東 D 一瞬だけ見た、徳光は・・・ただのおっさんやな
NHK 測定不能 チャンネルすら合わせてません
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選挙速報番組 | トップ | どんどん広がる有名ブロガーの輪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
<衆院選>自民圧勝、与党327議席確保  (東亜マンセー協会)
第44回衆院選は11日、投票が行われ、即日開票の結果、 自民党が首都圏など都市部の小選挙区で地滑り的勝利を収め、 単独で絶対安定多数(269議席)を上回る296議席を獲得
なぜ自民党は敗北したのか? (◆木偶の妄言◆)
自民党が大勝した。正確にいうと小泉首相が大勝した。 これについて、総括的な記事を書こうとしていたのだが、小選挙区の勝敗をみていて、はたと筆(というかキーボードを打つ指)が止まった。 下の図はアサヒコムの選挙特集ページのキャプチャー画面だ。 与党の自
民主党、終わりの始まり‐民主党は滅亡する運命 (涼風庵(人権擁護貌をGO FOR BROKE!!))
ダサい川柳をひねってみる。 「民主党の 正体見たり 劣化社会党」 「本当の 民主党本部は 信濃(支那の)町」 民主党に対する評価はもはや地の底まで落ちつつある。 露呈する人材不足、統一できない党の見解。 所詮は旧社会党と旧自由党の野合に過ぎず、政党としての役割
9月分の1 (真夜中の国語辞典語彙blog)
こりずにげきじょう【懲りずに劇場】〈名詞〉与党にはもはや人がいないことを露呈した寸劇。こりずにげきじょう【懲りずに劇場】〈名詞〉戦争中の大本営発浮ニ国民に対する戦争支持の謀略記事の山を築いた教訓を完全に無視して、改憲と増税と福祉切り捨て等々を追及すること
9月分の2 (真夜中の国語辞典語彙blog)
かいけん【改憲】〈名詞〉地上最強の竹槍が常備品になること。かいけん【改憲】〈名詞〉仮想敵なしに始める再軍備と、「お国のため」に国民を奴隷扱いする内なる敵を作ること。現憲法は日本人の海の外での残虐行為の結果だけではないことについて、爺婆の話しを聞いてよくよ
まずは総選挙後の動きから (真夜中の国語辞典blog版)
共同通信 - 国民投票法は「暗黒立法」 メディア問題でシンポ 共同通信 - 「自衛軍保持」を明記 自民党改憲草案1次案 産経新聞 - 次期衆院選の共産「空白区」 民主に票流れ込む? 支援は非現実的 産経新聞 - 7法案を継続審議 与党、「郵政」成立に全力 共同通信 -