城東ふなつきフットボールクラブ
松江市のサッカーチーム城東FC公式ホームページです。
スポーツ育成年代の子ども達、そして、地域に夢を!!が目標です。
 



夏以来特にあいてがどうしているのか、相手が襲いかかってくるからこそどうしておくのかなどをトレーニングで伝えています。

ボールコントロールを特化してトレーニングもします。

相手がいると急激にボールコントロールの質は落ちますが、相手がいる状況の中でどう運ぶかをトレーニングし、数名の対人トレーニングやゲームの中で活かせるように促していきます。そうするとやはり、観る動作に習慣化が図れるようになってきました。

できるだけボールから自由になる技を身につけることを言いながら、ボールがないときも相手が何をしているのか瞬間的に確認する観る力を養います。

4年生以上は特に試合の際に相手意識をもっていることを感じるようになりました。また、トップチームはボールを受ける前に相手の状況を観て、準備の位置をしっかりと意識できるようになってきています。これに終わりはないのでこの習慣です。あとは試合で相手がさらに厳しくボールを奪いに来てくれることです。その中で、さらにどうすべきか考える場面が増えていきます。

イタリアへ行ったとき、街中はもちろん、ホテルでも常に周囲を見回して行動を決めたり、わざとしらない顔をして気を向けないようにさせたりしていました。普段の生活でこのようなことは日本ではあまりないはずです。

しかし、サッカーの試合中はこのようなことに似ている状況がたくさん起こります。

かけひきをしながらボールをコントロールし、ゴールを目指す力を磨いています。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« U-11 平田交流  湖南カップ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。