立ち喰い Style

ファストフードの原型、立ち食いという様式美

ゆで太郎のうどん

2017-07-12 13:56:04 | 業界研究/価格動向
「ゆで太郎」の「うどん」。

「ゆで太郎」には「うどん」は無いと思っている人がいるけど...実はある。

ゆで太郎はオリジナルの「信越食品」の店とFC展開を担う「ゆで太郎システム」の店に分かれているが、
「信越食品」系の店舗には基本的に「うどん」はある。
※その他、ラーメンのある店舗もあるよ。参照:拙作 運営別マップ @はラーメンありのナルトの意

一方、「システム」系の店舗はレギュラーメニューとしての提供は無い。
が、冬の季節商品として「鍋焼きうどん」等の提供がある。参照エントリー:ゆで太郎 '16冬メニュー投入
※小麦の産地で日常的に「うどん」もたくさん食べる群馬のシステム店舗には「うどん」あるって話アリ

ところが、先週の初めから信越食品系の「飯田橋店」にこんな貼り紙が!!

「相田みつを」風の味わいある文字ですなー。。。
「うどん」と「いなり」は提供中止になりました。

「うどん」君は店を辞めたらしい。

信越食品系の全店舗でこうなったのかと思って、水道橋店に行って店員さんに尋ねたら、
ちゃんと「うどん」やってるそうです。券売機をみる限り、いなりも健在だと思われます。

その辺りは、店長の裁量に任されている部分なのかもしれませんね。


今回の「いなり」消失を機会に、「あれ?前はシステム店舗にも「いなり」あったような??」と思い調べたら、
ゆで太郎システム '16秋メニュー投入時にはあったものが、ゆで太郎 '16冬メニュー投入の際に消えてました。

全然、気が付いて無かったッス。
個人的に「いなり」はオヤツなので眼中に無かった。そばと一緒に喰ったコトないのよね。

-----
※2017/9/20実食 水道橋店のうどん



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水道橋 「ゆで太郎 水道橋店... | トップ | 船橋 「車や」'17/7/28追記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

業界研究/価格動向」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。