SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

東急 長津田車庫

2017-06-18 | 鉄道・バス
もう先週だが、東急の「親子で探検!長津田車庫見学会」に行った。
小学校時代のサッカー部のS君、長男の友人の弟と、おばあちゃんの4人。
この電車祭りは抽選に当たらないと行けない。
定員はたったの500名。
東急だと電車祭りを他社のように自由参加にすると数万人の来場者になるだろう。
大混乱になると思われる。
だから抽選なのだろうと思うが、500名は相当に狭き門だ。
実際には地元枠もあるようにも聞くのでもうちょっと多いのだが、
それでも他社のようにたくさんの人は居ない。
それでもスタッフの数は他社と変わらないので、かなりのゆったり感と贅沢感だ。
余裕があるせいか、スタッフの対応も最良で、例えばトイレの場所を聞いても、
付いてきてくれるぐらいすごい接客ぶり。
今までで行った鉄道フェアでは最高得点だと思う。
ただし、3回目の抽選にてようやく当たったのだが、倍率はもっと高いだろう。
東京マラソン並みに当たらないのかな。
まあ仕方が無い。
親子の組み合わせに限定しているので、そこでかなり絞られるのだが。
あと謎なのは、SNSでの写真掲載を禁止してることかな。
これはもったいないな。混乱防止であろう。
ちなみに他社は参加オールフリーで、SNSもフリーである。
阪急は抽選だが9割がた当たるらしい。
阪神も抽選だが6000名だ。

というわけで写真は無い。
本当は素晴らしい並びもあったので、文字だけで残しておく。
メインの並びは、
左から大井町線6000系、トークi、8606(8500系スカート無し)、8614F(伊豆急カラー)、8694F(8590系)
、2000系第1編成、5000系第1編成、こどもの国線Y001
だ。



なんと帰りは車庫から梶が谷まで臨時電車で直行というサービスぶり。
車内ではたくさんのスタッフが乗り込み、クイズをやったり鉄道の質問に答えたり。
途中は運転停車だけでドアは開かないので、ホームの人は不思議そう。
しかし沿線に撮影するファンがたくさん居たのに驚く。
どこでそんな情報を得ているんだろうか?





鉄道に関係ない写真だけ載せておこう。
まあ、イメージ写真である(笑)。












































































































SONY α7Ⅱ、TAMRON AF 28-75mm F/2.8 (Model A09) (LA-EA4経由)














人気ブログランキングへ



『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FBのリアルタイムな画像で人... | トップ | D&D »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL