ねこと一緒に☆星に願いを   

千葉 増え続ける不幸な命をたすけて(旧タイトル)

給餌・・・豪雨の忘れられない出来事

2017年04月22日 | 公園とその周辺、不幸な猫達を助けて

先日の給餌は 午後から雨と風で大荒れの天気予報でしたので

早めに行ったのですが・・・・・

 

 

      

 

 

 

       

 

 

 

     

 

 

 

         

 

 

 

  

 

 

 

       ・

       ・

       ・

       ・

       ・

 

  最後に回った 秘密基地・・・

 

  そこにいたのは

  

  ・・・・・?

  

  猫・・・?

 

  ハクビシンじゃないよね・・・・・

 

 

 

  顔の半分がのっぺらぼう。

  片方の目らしきものがわずかにあって、

  でもしっぽも足もやっぱり猫。

  毛が抜け、血が出て、 ガリガリの 猫・・・

 

  私が近づくと あわててコンテナの中に入っていきました。

  

  保護すら困難ではないか・・・と思えるくらいの ひどい姿でした

 

 

 

  立ちすくんだ私は 写真もとれず・・・

  コンテナの中にカメラをさしこんで やっと撮れた写真です

 

 

 

  

 

     猫にみえますか?

 

  疥癬が悪化したのでは・・・と思いました。

 

  入院は無理でも 出来る治療はやってもらわないと 死ぬ  とおもい、

  大急ぎで車までほかくきを取りにもどりました。

  秘密基地から パネルをすり抜けて歩いて歩いて中央まで

  こんなに道のりが遠く感じたことはありません

 

 

 

  その後はほかくきを下げて、またひたすら 急ぎ足で秘密基地まで戻り

 

  

 

     頼むから入ってくれ・・・

 

 

  空がどんどん曇って 予報通りに雨がポツポツと落ちてきました。

  離れたところから見ていたのですが 出てくる気配もなく

  長期戦を覚悟で いったん車まで戻ります

 

 

        ・

        ・

        ・

 

 

  あたりがすっかり暗くなって 雨が強い風と一緒に たたきつけるように降る中を

  軽装にスニーカーで来た私は

  コンビニで買った(なぜか、くるぶしまである)レインコートを着て

  足にはスーパーの袋とゴミ袋をそれぞれ巻き付け 

  傘もささずに(風でさせない)秘密基地に戻りました

 

 

 

  あまりのすごい格好なんで ちょっと写真撮りました

   

  

         (恥とか見栄とかない人には おすすめの防水です)

 

 

          ・

          ・

          ・

          ・

          ・

 

 

 

    

          ほかくきのふたは開いたまま・・・

    出てくる気配はありませんでした・・・・・

 

 

 

    コンテナの中にカメラを入れて撮った写真には

 

 

    

 

        横たわる姿がありました

  

  そしてショックだったのは この猫には耳カットがありました。

  私たちが手術した子??

 

  もう 食べる気力もないことがわかりました

  ゆっくり眠りにつける場所を探していたのかもしれない、と感じました・・・

 

  やっと見つけた安住の場所から追い出すことがないように

  音を立てないように そっとほかくきを撤収して 秘密基地を後にしました。

 

 

 

  なんであんなになるまで出てこなかったのか?

  疥癬ならば、  

  疥癬なら簡単に治してあげられた・・・

  あんなになってからじゃ、遅いよ・・・

  疥癬なんかで死ぬなよ・・・

 

 

  空のほかくきを下げて、暗い松林の道を雨に打たれて帰りながら涙がとまりませんでした・・・

 

  もし人とすれ違っていたら

  きっと狂人だとおもうね・・・

 

 

 

 

  また見てしまった

  野良猫の末路・・・

 

 

 

 

 

 

    ※ この二日後に すーちん2号さんが行って下さった時

      この猫の姿はなかったそうです

      

 

 

 

          💚 あんこちゃん(シーちゃん)の里親様からドライフードをいただきました

          💚 坦々の里親様から ドライフードをいただきました

   

                       ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

        ※  公園ではぶっちゃんのほかにも白血病の子たちが頑張って生きています

           ご自宅で 普通の子として看てくださるかたはいらっしゃいませんか?

         (白血病の猫さんを飼っていらっしゃる方、 もしくは 猫のいないご家庭・・・)

 

                   

  

                               

 

 

 

 

                   クリックで大きな後押し
                どうか よろしくお願いいたします

 

 

       

   

 

  

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TNRはつづくよ~♬ どぉ~こ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たしか (しゃちくん)
2017-04-22 07:43:17
福島「にゃんこはうす」では疥癬が悪化し顔が崩壊した猫を何匹か保護しておりました。仙台市内の大きな病院で美猫に戻してあげました。ただし治療費負担も大きかったので支援金を呼びかけておりましたけど。
食べる事が出来ていれば見た目ほど死が迫っているわけではないケースも多いのですが…
Unknown (幸)
2017-04-22 08:04:08
疥癬の猫すごく気になりますね
どこへ行ったのだろう(T_T)
しゃちくんさんへ (Unknown)
2017-04-22 21:00:10
コメントありがとうございます。
やっぱり疥癬ですよね....
この状態ではレボリューションなんかじゃ話にならないですよね
出てきてくれないことには....
生き延びて欲しい。
幸さんへ (Unknown)
2017-04-22 21:01:29
コメントありがとうございます。
本当に 涙がとまらなくて、せつなくて。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。