透明な気圏の中から

日々の生活の中で感じたこと、好きな作家についての思いなどを書いてみたいと思います。

「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」へ

2016-10-08 21:37:45 | 日記

曇り時々雨。最低気温5.1℃、最高気温15.6℃。

車で10分ほどのところにある、北海道開拓の村へ出かけました。

今日と明日の二日間、いつもは閉まっている時間帯の16時半から19時半まで、開拓の村の市街地と漁村群の一部がライトアップされるイベントに参加するためです。

今日は、出かける時に降っていた雨も開拓の村に着いた時には傘を差さずに済む程度になり、ライトアップされた街並みを心ゆくまで楽しむことができました。

このところの冷え込みで紅葉し始めた木々とひと昔前の建物が、素朴な照明で暖かみのある表情を見せていました。

明治期に本格的な開拓がはじまった北海道。開拓当時の面影を残す建物が立ち並ぶこの村の街並みに二夜限りとなる灯りがほんのり灯され、夢のような世界が広がっていました。


 

「北海道開拓の村」は明治から昭和初期にかけて建てられた道内各地の建造物を54.2ヘクタールという広大な敷地に移築復元し、保存しています。開拓当時の街並みや農村の情景が再現され、開拓当時の人々の息遣いを感じながら、先人の知恵と苦労に思いを馳せることができます。

 19834月に開村して以来、当時の暮らしを体験できるイベントが四季を通して企画されるなど、体験型の野外博物館となっています。

 「紅葉のむら・宵のたてものライトアップ」は2013年に初めて企画されたイベントとのことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「宮沢賢治学会イーハトーブ... | トップ | 「鶴マルシェ」にて「あやひ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事