透明な気圏の中から

日々の生活の中で感じたこと、好きな作家についての思いなどを書いてみたいと思います。

雪の美術館へ

2017-06-15 21:48:32 | 日記

雨。最低気温11.8℃、最高気の温16.6℃。

昨日、数十年ぶりに雪の美術館を訪ねました。

この館は1991年、旭川市に建設されました。旭川から見える大雪山連峰には日本で最も美しい雪が降り積もるとされていて、その雪の美しさを表現すべく建てられたのがこの雪の美術館だそうです。

「アナと雪の女王」が日本でも大ヒットして、一大ブームとなったこともあり、映画の舞台と似ていると評判になったと聞いています。

エントランスから一歩足を踏み入れた時からなるほどと思いました。

雪の結晶をイメージしたらせん階段、氷の回廊の窓外に見えるのは氷壁でここは氷点下15℃の氷室になっているとか。通路はプラス10℃なのでご安心ください?


大雪山の天女が原で20余年をかけて撮影されたという雪の結晶200点は「ひとつとして同じ形がない」のだそうです。雪の結晶をいつまでも見ていたいクリスタルルームでした。

音楽堂はコンサートや結婚式会場などとして利用でき、7人の画家によって描かれた28000号の油絵「北の空」が天井を飾っていました。光り輝く馬車や真っ白のピアノが舞台にセットされ、ファンタジーの世界へ迷い込んだかのようなロマンチックな雰囲気が醸し出されていました。

「雪は天からの手紙」との言葉を中谷宇吉郎教授は残してくれました。なんて素敵な表現なのだろうと、雪を見るたびに思い出しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰り道の風景あれこれ | トップ | 「イーハトーブセンターだよ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (tempo1078)
2017-06-16 06:28:56
雪の美術館、

一見、教会風の
ハイセンスの建造物ですねー。

雪の結晶は
一つとして同じものがない。
美しいですね。

中谷宇吉郎先生、
お名前は若い頃から存じ上げております。
tempo1078様 (透明気圏)
2017-06-16 20:36:51
いつもコメントをありがとうございます。

この丘にはこの美術館の他に
優佳良(ゆうから)織工芸館や
国際染色美術館もあるのですが、
これらは現在閉館となっています。

煉瓦造りの外観は情趣があり、
青空に映えていました。

中谷宇吉郎博士を前からご存じとのこと、
博士は雪つながりで
この美術館になくてなならない方の
おひとりのようです。
感動しました (たか)
2017-06-16 21:15:09
木々に囲まれた素敵な建造物
ここは日本ですか?と問いたくなるようなチャペルを思わせる雪の美術館
内部がシックで落ち着いた佇まい
「雪は天からの手紙」
     全てが素敵です。

雪の結晶を思わせる螺旋階段も心憎い演出ですよねェ。
一度、訪れてみたいものですが旭川(昔1ヶ月の山旅で行きました)旭川は遠いです。

たか様 (透明気圏)
2017-06-17 09:43:01
何かの機会が舞い込んで、
旭川に足を運ばれる日が
来ないとも限りません。
「遠い」が「近い」の錯覚に
なることもあるかもしれません。

その日まで、この雪の美術館が
閉館の憂き目に遭わないことを
願っています。

コメントをありがとうございました。
良き一日となりますように。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事