透明な気圏の中から

日々の生活の中で感じたこと、好きな作家についての思いなどを書いてみたいと思います。

瀬戸瀬温泉へ

2017-03-06 20:59:57 | 日記

晴れ。最低気温-9.6℃、最高気温-0.1℃(江別)。最低気温-5.7℃、最高気温1.7℃(生田原)。

家人と遠軽町瀬戸瀬温泉へ出かけました。秘湯として知る人ぞ知るこの温泉は生田原の借家から車で35分のところにありました。

とろりとした肌ざわりの透明なお湯に身を沈め、窓外を眺めると木々の向こうに青空が見えました。自然からの飾り気のない贈り物のようなこの温泉では、時間の流れがゆるやかになっていくようでした。

人里を離れ、樹木に囲まれたこの温泉の魅力は泉質の良さももちろん、このロケーションにあると言えます。しかも生田原駅からも遠軽役場からも車で35分走るとたどり着けるというのが有り難いことに思えました。

この瀬戸瀬温泉は林業組合が開発し、1956年に開業。

瀬戸瀬の地名はアイヌ語の「セトシ(鳥の巣の多い所)」が元になっているとのことです。

今も温泉の建物周辺に人工的なものはなにもなく、広葉樹の森が広がっているので、鳥もたくさん見られることでしょう。

瀬戸瀬温泉へ

瀬戸瀬温泉へさらに近づく・泉橋付近からは雪景色

湯の里橋の下を流れる小川

玄関に貼られたお知らせ

玄関ドア

瀬戸瀬温泉内ロビー付近

壁に貼ってあった新聞 「飲めば胃腸にいい」

平成13年8月15日付北海道新聞「瀬戸瀬温泉にぎわい再びー本物志向のファン増えるー」 

瀬戸瀬温泉についてじゃらんよりー

遠軽町の“奥座敷”と呼ばれる閑静な山あいの温泉。針葉樹林に抱かれた山峡の秘湯として人気がある。道内でもまれな泉質の良さと豊富な湯量を誇る温泉は、湯温43度のアルカリ性単純泉で、神経痛などに効能がある。近くでは紅葉も楽しめる。

立ち寄り温泉みしゅらんよりー 

泉質はアルカリ性単純泉、地下106mから毎分180Lの自噴、源泉の温度は43.1℃、成分総計145㎎、pH=9.1。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 啓蟄の日 | トップ | 塩別つるつる温泉から金華峠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。