透明な気圏の中から

日々の生活の中で感じたこと、好きな作家についての思いなどを書いてみたいと思います。

生田原へーその2

2017-07-30 20:38:28 | 日記

晴れ時々曇り。最低気温14.5℃、最高気温28.0℃(生田原)。最低気温17.0℃、最高気温28.4℃(江別)。

川辺から飛び立った一羽の鳥。アオサギのようにみえたのですが・・・・。

中央橋の欄干を小走りに移動していた鳥

14時半に家人の運転で義母とともに遠軽の病院へ向かい、入院中の義父を見舞ってきました。

我家にもどったのは16時を回ったころ。涼しい風が吹いていたので、その足で散歩にでかけることにしました。

川辺にアオサギのような鳥を見かけたのですが、暮れなずむ空へ舞い上がり、そのままいずこへともなく飛び去って行きました。

かと思うと、中央橋の欄干を小走りに走るハクセキレイはカメラを向けても飛び上がることもなく、美しい声でさえずったりもしていたのです。

鳥もいろとりどりで、大小の違いも、生き方もそれぞれなのは、人間も同じようなもので、大きなくくりでは大差はないのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生田原へ | トップ | 生田原へ・その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。