張田京調教師 JRA初参戦

2017-10-23 08:56:53 | 調教師会特別記事
昨日、東京競馬場で行われたくるみ賞(芝1400)に張田京厩舎のマアトコウボウ(父スズカマンボ 馬主:国田正忠様)が出走しました。

張田京調教師は、JRA初参戦
騎手時代には何度もJRAでの騎乗・勝利もありますが、
調教師となってからはこの日が初

何よりも、息子・張田昂騎手と揃って初参戦する姿は
観ている側も嬉しい気持ちになりました。

出走前にツーショットをパチリ


ちょうど自転車に乗って装鞍所から戻って来たお二人と遭遇。
「(雨や泥で)汚れる前に撮らせてください(笑)」とお願いしました。

東京競馬場の装鞍所って、メモリアルスタンド(4コーナー近く)の裏手なんですよね。
自転車大事です







416キロでの出走



張田京厩舎 マアトコウボウ JRAくるみ賞パドック






レースは5着。
張田昂騎手
「坂も大丈夫でしたね。
普段調教で使っているダートを考えると、
こういう馬場も問題なかったです。
周囲も芝向きと言ってくれているのでなんとかと思っていた。
成長してますね」

芝でもこんなに汚れるんだね、と戻って来て開口一番に。



台風の影響による雨の中、土や芝が飛んで大変だったのでしょうね。
人馬ともに無事に戻って来て良かったです。



張田京調教師
「収穫の多い遠征になったと思う。
初輸送だったけど落ち着いていたね。
使うたびに芯がしっかりしてきている。

能力試験の時もそうだったけど、
デビュー戦は余力残しの追い切りでの勝利。

飼い葉もすごく食べるけど、みんなボロで出ちゃう(笑)。
500キロくらいある馬と同じくらい食べるんだけどね。
距離も1800くらいまで大丈夫かなと思う。
初めての場所でも落ち着いていたし、跨ったらちゃんと気合が入る。
馬場に入ってからもしっかりしているし、意外と度胸は座ってるね。
ゲートもいいですよ」

今後は、再度JRAでの出走も視野に進めていく予定とのこと。

レース後、張田調教師がいろいろなプランを練っていましたよ。
楽しみです

これからもマアトコウボウと張田京厩舎へのご声援よろしくお願いいたします
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JRA参戦! | トップ | ハートビートナイター開催中! »
最近の画像もっと見る

調教師会特別記事」カテゴリの最新記事