林正人厩舎 フラットライナーズ 船橋記念(SIII)優勝

2017-01-12 14:12:36 | 調教師会特別記事
昨日行われた 第61回船橋記念(SIII)を制したのは
林正人厩舎のフラットライナーズ(4歳牡馬 父シニスターミニスター 馬主:(有) 太盛様)でした。

左海誠二騎手を背にスタートダッシュを決めるとそのまま逃げ切り
昨年7月の習志野きらっとスプリント(SIII)に続いて重賞2勝目となりました



左海誠二騎手
「最後まで一生懸命頑張ってくれたので勝つことができました。
スピードもありますし、スタートも上手。
いいポジジョンをとってレースができるのがこの馬の強みですね。
さらに上を目指して頑張っていきたいです。

今年最初の地元の重賞を獲ることができていいスタートを切れたので
これを継続していければと思います。
ひと鞍ひと鞍大事にして結果を出していきたいですね」


林正人調教師
「(12/11 JRA カペラS(GIII)は)ひと叩きという形になりましたが、
使ってからは体つきも良くなりましたし、中間の気配もぐっと良くなって
予定通りの状態でレースに臨めました。

どの馬か行ってくれて2番手くらいで進められれば理想かなとも思っていましたが、
ジョッキーの判断でああいう競馬になったのだと思います。

最後(2着馬 ブラックレッグに)寄られましたが
並ぶとそこから渋いので、直線中ほどではあのまま粘れるのではと思いました。

距離はこれくらい。
1200はなんとかこなしてくれると思います。
今後は馬の様子を見て決めていきたいですね。

短距離路線にしてから安定して、安心して見ていられます。

前走、中央に行っていいところを見せられなかったので、
今後は交流にも積極的に出ていきたいと思います」








5歳になったフラットライナーズ
今後ますます注目を集める存在となっていくことでしょう
交流重賞や遠征先での活躍も楽しみです

フラットライナーズ(林正人厩舎 父シニスターミニスター 母アールデコ 母父タイキシャトル)
馬主:(有) 太盛様
生産:浦河 澤井義一様


関係者の皆様おめでとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐藤賢二調教師会会長 | トップ | 『NARグランプリ2016』表彰馬... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む