トーセンブル(山中尊徳厩舎)遠征写真と、今日からハートビートナイター開催!!

2017-09-25 11:29:02 | 調教師会特別記事
昨日、中山競馬場で芙蓉ステークス(2歳オープン 芝2000m)に出走したトーセンブル(山中尊徳厩舎 馬主:島川隆哉様)は
7着でした。


初めての芝に挑戦
414キロでの出走








最初のスタンド前


5月のデビューからずっとコンビを組んでいる本田正重騎手
「人馬ともにいい経験になったと思います。
4コーナーから一気に周りが動いた時に、
ちょっとキツくなってしまいました。
そんなに進む馬ではないので、中団から後方という位置での競馬になりますが、
どんな競馬でもできる馬ですね。
手前は変えていますが、最後刺さっていました。
まだ馬が若いですね。
これから力をつけていければ」

9月3日のサプライズパワー・メモリアルで見せた末脚は本当に鮮やかでした。

これからのトーセンブルの走りにもご声援くださいね。


10R 外房特別( 3歳以上1000万円以下 芝1600)には
ナイキアディライト産駒 マイネルディアベル(6歳 JRA 土田厩舎)が出走。

放牧先の牧場で会ったのは3年前の夏。
その後、競馬場で何度かレースを見たことがありましたが、
今回久しぶりの現地応援。

このレースで41戦。
クラブ所属馬で6歳になっても頑張っているのはすごいこと

しばらく成績も低迷していましたが、
ここ最近は芝のマイル路線で安定した結果を出しています。
パドックではやっぱり闘志いっぱい。
目の雰囲気と色がナイキアディライトに似ているなぁと思いました。






さて、今日から船橋ケイバ ハートビートナイターが開催されます。

水曜日は日本テレビ盃(JpnII)

ハートビートナイターでのご来場ご声援よろしくお願いいたします



この記事をはてなブックマークに追加