そういう性格だから仕方ないじゃん。

投稿で自己満足に浸るだけです。

良い「塩梅」。

2017-05-14 09:18:39 | Weblog
私は「ツナ缶」が好物です。

具体的な商品名を挙げると「シーチキン」です。

年齢を重ねてからは行いませんが、若い頃は「ご飯1合にシーチキンとマヨネーズ。気分で七味唐辛子か粗挽き胡椒」で食事をするのが好きでした。

この「シーチキン」ですが、やはり健康を考えて「塩分無添加」や「水煮」に変えてみましたが、やはり「塩分添加」の美味しさにはかないません。

それと、「ご飯」の量と「シーチキン」の量のバランスも大切。

どちらが多くても「美味しい」にはならないのです。

これを突き詰めると、やはり「塩分」と「油分」の割合も大切なんだろうと考えます。

つまり「塩梅」ですね。

「料理番組」などでは、調味料の配合量を「小さじ何杯」などと表現しますが、この配合量は全ての調味料に割り当たるのではなく、「要点の調味料」は「適量」と表現してあったりします。

つまり、「配合量が決めてある調味料は味の大枠」であり、「適量としてある調味料は自分の感性を信じて決める」ことなんでしょうね。

だから、料理する日が暑くて汗をかいたりして、例えば調味料の塩が「適量」ならば、少し多めの方が美味しく食べるでしょう。

寒い日ならば、この「真逆」かも知れません。

何にしても、料理の「適量」は私の感覚では「良い塩梅」であり、決して「良いバランス」ではないのです。

まぁ、他人様からすると「どうでも良い話題」なんですけれどね。

「ご飯」「シーチキン」「マヨネーズ」を「良い塩梅」で食べる時、それは私にとって「至福の時」です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「ミックス」するのやめて。 | トップ | 専用車両 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。