そういう性格だから仕方ないじゃん。

投稿で自己満足に浸るだけです。

課税で足枷。

2016-10-13 09:15:44 | Weblog
インターネットで「糖の多い飲料に掛ける課税を上げたほうが良いのでは?」のような記事を読みました。

私は「糖」ではなく「塩分」ですが、同様の考えを持っています。

塩分の摂取量は1日6グラム以下を推奨している現代。私も脳疾患者だし、もともと高血圧だから、「1日6グラム以下生活」が送れる様に頑張っています。

とは言っても、調理が出来ない身なので食事の大半はレトルトか缶詰。

この「レトルトか缶詰」生活を送っている人も少なくないと私は考えています。

あとはコンビニ弁当生活も多いのでは?と考えています。

1日3食食べるとして、1食2グラムが塩分摂取のボーダーライン。

だからコンビニ弁当の塩分も2グラムにしてくれると、私は購入しやすいです。

また、コンビニ弁当を食べても高血圧にならずに済みます。

コンビニ弁当に限らずですが、何で調理済み惣菜に規制が掛からないのかが不思議です。

出汁から味付けから出来る人なら、ある程度は減塩生活の調理は可能でしょうが、私のような人間には「与えられた料理」しか選択肢がありません。

国も「減塩生活して健康に過ごして」と言っている割には、惣菜には何もしません。

コンビニ弁当では、1個4グラム程度の塩分が一般的だと私は理解しています。

つまり、この弁当を二つに分けて2食分にして食べろと国は言っているのです。

それとも何かい? パチンコ換金と同じく、公務員たちはコンビニ弁当とか出来合い惣菜を知らないのかい?

だとしたら、公務員ってホントバカなんだね。

悔しいでしょ。私みたいなバカにバカ呼ばわりされるなんて。

バカ呼ばわりされたくなかったら、しっかりと仕事しろ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 私に合った「朝食」とは。 | トップ | 干渉するの? »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。