そういう性格だから仕方ないじゃん。

投稿で自己満足に浸るだけです。

干渉するの?

2016-10-13 11:21:31 | Weblog
「東京オリンピック、パラリンピック」のお話です。

テレビのワイドショーでは、競技会場を変更する場合、IOCの承諾を得ないとならないらしいです。

で、東京がオリンピック招致に成功したのは、「シンプル オリンピック」だっから。

猪瀬元知事が提案したのは、まさに「シンプル オリンピック」なはずです。

それならばオリンピックを開催しても大した出費にはならないであろうと考えていた私です。

「大した出費ではない」とは言っても、何千億円は掛かるのでしょうが。

それが建築費などの高騰により、またIOCの主義変更により「オリンピック費用」が膨大に加算され現在の状態になりました。

その「オリンピック費用」の初期投資を減らすために小池知事は奮闘していますが、仮に競技会場が変更した場合にオリンピックには何か問題があるのでしょうか?

「オリンピック」は競技です。

その「競技」に適した公式会場が必要です。

「公式会場」が開催地域のどこにあろうとも、競技者には参加するか否かを選択する自由があります。

その「選択」をするのは、各国の競技者本人です。

一連の流れの中で、IOCが関わらなくてはならない所はどこにありますか?

それに、今回の競技会場問題の中で、「ボート、カヌー」会場は以前から問題視されていました。

これらの競技会場は海です。

つまり「波」があります。

風による進行影響ならば許容範囲でしょうが、「波」は勝手が違います。

「波」の影響を多大に受ける競技会場で出た「記録」が、純粋な「記録」として世界各国の人々に受け入れられるのか私には疑問です。

先日、テレビのコメンテーターが「早い時期から競技会場で練習できるアドバンテージ」を言っていましたが、その「アドバンテージ」って「スポーツマンシップ」に反さないか?と問いたいです。

そして、「競技者」でもない方々が「競技者」を利用して金儲けする事に不快感を示さないのか?と問いたいです。

開催国が主体になるべき事柄に関して、IOCが関与する意味はあるのか?と問いたいです。

本来、「秩序」を保たせなければならない機関が、利己的権利を主張しすぎている事に私は不快感を覚えます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 課税で足枷。 | トップ | よく「ブラック企業」の話題... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。