そういう性格だから仕方ないじゃん。

投稿で自己満足に浸るだけです。

俺なら嫌だけれど。

2016-10-14 10:41:09 | Weblog
まずはじめに。

今回の投稿は「女性軽視」な表現になる可能性があります。

その話題に敏感な人は読むのを辞めることを勧めます。



さて、有名大学サークルによる「集団女子学生暴行事件」が発生しました。

射精にしか女性の価値観を見出せなかった「スーパーフリー事件」から、何ら変化がない日本の大学生に呆れてしまいます。

「そんな大学生と一緒にしないで欲しい」と怒る方もいらっしゃるでしょうが、世間から見ると、「同じ学歴=同じ輩」なんだと認識して下さいね。

その「認識」が嫌ならば、自らの行動と結果により、「射精大学生」と「正当な大学生」を区別出来る様にして下さいね。

「大学」により差別はダメだよ。東京大学生だって「射精大学生」に所属した人がいたのだから。

あと、「私は女子学生だから被害者的立場」と言わないでね。

「射精産業」では、「女子大学生」のブランドで高値になっているし、そうさせているのは誰でもない「1部の女子大学生」なのだから。

今回「逮捕または差別されるであろう」方々の価値観は、やはり「射精第一」なんだろうと思います。

「お金を掛けずに射精する事が第一。」

周りの方々は、彼らに「こんにゃく」をプレゼント出来なかったのでしょうか?

「お金が掛からず、穴に突っ込み、射精できれば良い」のでしょうから、射精の対象は「女性」ではなく「切れ込みを入れたこんにゃく」でも良かったはずで。

「冷たいこんにゃく」が嫌ならば、お好きな温度で温めれば良いだけだし、締まりもお好み次第だし。

「こんにゃく」で事足りるならば、罪にならないし、用事か済めば「味噌田楽」などで食べれるし。

しかも今回は「1人の女性を複数の男性」が暴行したんでしょ?

あんたら変わってるよね。

「あいつのチンポが入り精子が残っている所に、俺のチンポを入れよ〜っと」を自らの意思で繰り返すのだから。

私の感覚では、「お前ら頭おかしい」以外のなにものでもありません。

俺ならば嫌だけれどね。

被害者は災難だったね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 世界的な観点からすると。 | トップ | 良質な「タンパク質」を得る... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。